ローダウンの雄が仕掛けるアップスタイルの第一弾

EXCLUSIVE ZEUS CROSS LINE/LAND CRUISER PRADO
エクスクルーシブゼウス クロスライン/ランドクルーザー プラド(150系後期)

エムズスピード エクスクルーシブゼウス プラド ランクル ランドクルーザー 150系 後期 ボディキット オフ系 アップスタイル


ついに、というかいよいよというか。一貫して都会的なローフォルムのエアロスタイルを貫いてきたエムズスピードから、オフロード感を強調した新ブランドの登場だ。エクスクルーシブ・ゼウスの新ライン、「クロスライン」だ。

“クロスオーバー”、“クロスカントリー”といった土系を彷彿とさせるキーワードからもうなずける、ゼウスが手掛ける初のアゲ系の今作。そのトップを飾るのはゼウスでダントツ人気を誇るプラド。

ゴツゴツとした無骨なマッド系オフタイヤを履き、ノーマル車高ながらタイヤのハイトをロースタイルよりワンサイズアップ。

実サイズ以上にリフトアップした印象を受けるのはアンダーガードのようなスキッドプレート風リップを持つ前後ハーフスポイラーの視覚的効果も大きい。

このクロスライン、アウトドアやキャンプ志向のフリークにも間違いなくハマる。

細部には初の試みとなる〝ボンネットプロテクター〟なども新採用。このフェイスを引き締めるサイドアイテムも備え、アウトドアギアの携行には必須となるヒッチメンバーの装着にも干渉しないよう、より小振りなサイズ感を採用したリアハーフスポイラーなど、全身にアゲ系のための息吹を感じさせる。

新色となるホイールもオフ感アップに一役買い、アップスタイルのゼウスを望む多くの声に遂に応えたこの最新ライン。都会派だけではないゼウスの新たなオフ系への展開から目が離せない。

「【トヨタ・ランドクルーザープラド】オフ感とアーバン感のバランスが絶妙! エクスクルーシブゼウス初のオフロードスタイル」の1枚めの画像


黒い部分から下が装着パーツとなるFハーフスポイラーには標準でデイライトが付属。スキッドプレート風リップもオフ感アリ。別売りとなるフォグ部のL字型デイライトキットは開発中。

「【トヨタ・ランドクルーザープラド】オフ感とアーバン感のバランスが絶妙! エクスクルーシブゼウス初のオフロードスタイル」の1枚めの画像メッキモールレスのグリルにAES製カーボン柄の新パーツ、ボンネットプロテクターを装備したフェイスまわり。

「【トヨタ・ランドクルーザープラド】オフ感とアーバン感のバランスが絶妙! エクスクルーシブゼウス初のオフロードスタイル」の1枚めの画像クリアブラック


ジュノゥ859・モノブロック20インチ。従来のブラポリに加え、オフ感を出したマットブラック(右)、クリアブラック(上)を新色追加。ホワイトレタータイヤとの相性もバツグン。

【PARTS SPECIFICATION】
SPECIFICATIONS
●フロントハーフスポイラー(LED付属) 10万1200円(13万4200円)
●リアアンダースポイラー 7万9200円(10万8900円)
 ※上記3点セット(F/LED&R) 17万8200円(24万900円)
●フロントグリル 7万9200円
●ボンネットプロテクター 開発中
●L字型デイライトキット 開発中
●ドアミラーカバー 2万8600円(5万600円)
●ピラーパネル 1万780円
●LEDバックフォグランプ(G)キット 2万7500円
マフラー/エキゾーストシステム ステンレステール 21万7800円
チタンカラーテール 22万6600円
ホイール/エムズスピード・ジュノゥ859モノブロック(20×8.5+20) 6万6000円
タイヤ/トーヨー・オープンカントリーR/T(275/55-20)

問:エムズスピード  06-6745-0200
https://www.mzspeed.co.jp

撮影協力:舞洲バーベキューパーク

24000㎡の広大な敷地と芝生スペース、レンタル品で日帰りデイキャンプ&BBQが楽しめるオートキャンプ場がココ。サイトにクルマが横付けでき好きな食材やキャンプグッズも持ち込める。大阪市内からクルマで約20分とアクセス良好!

問:舞洲バーベキューパーク 
https://maishima.com/bbq-park/

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【トヨタ・ランドクルーザープラド】オフ感とアーバン感のバランスが絶妙! エクスクルーシブゼウス初のオフロードスタイル