様々なシーンで活躍する
新発想のポータブル電源!

OGC/オージーシー
コントロールボックス

OGC_コントロールボックス_使用イメージ

クルマとアウトドアをつなぐ、機能的ギアの開発をコンセプトに誕生したエーモン工業プロデュースの〝OGC〟。

他にはない独自のアイデアを詰め込み誕生したのが、屋外での電源供給に役立つコントロールボックスだ。

既存のポータブル電源に代わる新発想のシステムで、ディープサイクルバッテリーからDC12V/USB/AC100V電源を取り出して使うというもの。

リチウム電池が使われるポータブル電源は衝撃や高温に弱く、夏場、車内などに置きっ放しだと発熱のリスクもある。

DC12V鉛蓄電池のディープサイクルバッテリーであればその心配がない。

またコントロールボックスはDC12Vを変換させるユニットなので、電源を内臓していないため本体の劣化が少ない。

アウトドアや、災害対策としても注目されているポータブル電源の新しい存在として、是非ともチェックしておきたいアイテムだ。

特徴

OGC_コントロールボックス_単品

コントロールボックスの傷防止に役立つ専用ケースが付属。カラーはアウトドアシーンで映えるオリーブグリーン。本体重量は約2kg。

OGC_コントロールボックス_バッテリー接続

本体側面の差し込み口にソケットを差し込み、ディープサイクルバッテリーと接続する。接続するコード長は1.5m。バッテリーは机下へ。

OGC_コントロールボックス_残量確認

液晶画面で使用中のワット数・アンペア数・ボルト数、バッテリーの残量を確認できる。

OGC_コントロールボックス_シガーソケット電源

AC/USBの他に、シガーソケット電源がある。一般的なポータブル電源と異なるポイント。

OGC_コントロールボックス_スタンド

本体ケース背面に立て掛け用のスタンド付き。

OGC_コントロールボックス_車載バッテリー接続

車載用バッテリーから電源を取り出すことも可能。ただし車載用バッテリーは放充電を繰り返すと、劣化が進むため、あくまでも緊急用として使いたい。

バッテリーバック

コントロールボックスと同デザインのバッテリーバッグ。マジックテープを留める位置を調整して様々なバッテリーサイズに対応。

価格:3000円前後

「スマホ&家電がそのまま使える! 持ち運びも楽チンなオシャレポータブル電源!」の1枚めの画像

バッテリーチャージャー

充放電を繰り返せるディープサイクルバッテリー。使用後はバッテリーチャージャーを使い自宅のAC 電源で充電をしよう。

価格:8000円前後

「スマホ&家電がそのまま使える! 持ち運びも楽チンなオシャレポータブル電源!」の1枚めの画像

【PARTS SPECIFICATION】

<コントロールボックス>

本体サイズ W250×H215×D90mm
出力 AC100V×2、USB TYPE A×2、USB TYPEC×1、DC12V×2
合計出力 462W
価格 オープン(実勢価格:3万円前後)

ディープサイクルバッテリーとは?

繰り返し放充電できるディープサイクルバッテリー。衝撃や高温に強く、マリンシーンで使用されていることが多い。写真はオプティマ(http://www.gw-i.com)のD900M(3万円前後)。

問:エーモン工業 0790-22-6262
https://www.amon.jp

スタイルワゴン2021年6月号 No.306より


[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「スマホ&家電がそのまま使える! 持ち運びも楽チンなオシャレポータブル電源!