本気だけどゆる〜い連載!

“あり得ない”を想像し実車を超えるリアル感を目指す
カメラマンPAPANの魅せプラモ部 第12回

魅せ プラモデル プラモ 撮影 写真 PAPAN


先月号はお休みを頂いた魅せプラモ部のお時間です。お休みしている間にまたもや緊急事態宣言下に突入しちゃいまして、おうち時間をどうしようと考えている人も多いのではと思います。

作りましょ! 魅せプラモ! っと自分に言い聞かせ今月の紹介に進みます。

今月はロジャムのクラウンをベースとした作品を、より引き立たせるための小物に注目です。

屋根をぶった切ったリリーフカー風のクラウンは、バイクやカラーコーン、クルマのドアなどが車内に放り込まれ、無残な状況がひと目で分かりますね。

また、クルマの周囲にも自転車や、なぜか整然と並べられたモンキー、そしてホイールを盗もうとしたのでしょうか、フロアジャッキも置かれています。

これら小物があることで、この廃車が過ごしてきた時間の流れや、こうなってしまった背景などが想像できるようになるのです。

PAPAN部長の小物作りは、カラーコーンのように1から作ることもありますが、同スケールの他のプラモに手を加えることも多いそうです。

ストーリーを考えながら、必要な物はググって探して、作り込む。これ大切です。

「〈火曜あさ6時はプラ活!〉小物はググって探して、作り込む【連載・魅せプラモ部第12回】プラモデル カスタム」の1枚めの画像リアル感抜群の鳥の糞。ネットで写真を見てひたすら調色をしたそうです。ただの白ではなく、緑や黄色を入れるとリアルになるそうです。

papan部長

様々なクルマ雑誌で活躍する大阪在住酒好きクルマ好き楽しいこと好きなプロカメラマン。痛風持ちの39歳。なぜか稲中のタトゥーを入れている。愛車はジープ ラングラー。最近赤から黄色に鞍替え。自粛期間にプラモにドハマり。放置車両の撮影がライフワーク。写真集「STILL ALIVE」発刊や個展なども開催する。
Instagram @papanphotography

SNSにタグ付けて投稿したら掲載するかも!

作品は「#魅せプラモ部」のタグを付けてTwitterやInstagramに投稿して頂ければ、誌面や本サイトにて掲載する可能性あり! 読者の皆さまのみならず、業界関係者の方もお待ちしております!

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「〈火曜あさ6時はプラ活!〉小物はググって探して、作り込む【連載・魅せプラモ部第12回】プラモデル カスタム