【全5回集中連載 VOL.1】

乗り心地はどんな感じ!?うるさいって本当!?
高速道路〜一般道、砂浜を実走!
人気のテレーンタイヤをガチで乗り比べてみました

今やトレンドのど真ん中ともいえるアゲ系のオフローダー風メイク。これを演出するのに欠かせないのがワイルドなテレーンタイヤだ。今回は気になる4銘柄を比較試乗。その乗り味やフィーリングを徹底チェックしてみた。千葉県の九十九里浜に向けて、いざ出陣!
オフロード タイヤ テレーンタイヤ ATタイヤ MTタイヤ 試乗 乗り心地 ノイズ うるさい みため


いまやシティユースから本格オフローダーまで様々なタイプが出回っているSUV。なかでも唯一無二の存在感を放っているのが、三菱のデリカD:5だ。

ミニバンなのにワイルドで、普段乗りからキャンプ、アウトドアにと使い倒せる。そんなデリカD:5をカッコよく仕上げるには、ゴツゴツ系のテレーンタイヤは必須とも言えるだろう。

しかしブロックが大きいこの手のタイヤを履くとなると悩み所なのが、乗り心地や快適性をスポイルしないかってこと。4駆用のテレーンタイヤは堅牢な造りゆえに「一般的なラジアルタイヤよりもゴツゴツした乗り味で、ロードノイズもうるさそう……」なんてネガティブなイメージも付きまとう。

そこで今回は、編集部がある東京都から千葉県の九十九里浜まで、高速道路や市街地、そして砂浜まで様々なロケーションで走り倒し、本当のところを探ってみようということになった。

スタワゴが選出したのは4銘柄。オンロード、オフロード問わずに万能に使えるオールテレーン代表として『ヨコハマ・ジオランダーA/T G015』と『BFグッドリッチ・オールテレーンT/A KO2』。

さらにオフロード性能を重視したマッドテレーン代表として『モンスタタイヤ・マッドウォーリアー』。そしてオールテレーンとマッドテレーンの中間的な特性というラギッドテレーンの『トーヨー・オープンカントリーR/T』を用意し、編集部員&ライターでトコトン乗り比べてみたぞ。

サイズは235/70R16で統一。ちなみに気になる価格帯は、人気のBFグッドリッチが一番高価で、ヨコハマとトーヨー、モンスタがほぼ横並びといったイメージとなっている(編集部調べ)。

果たしてその結果やいかに?

乗り比べたオフロードタイヤはこちら

「【オフロードタイヤをデリカD:5で乗り比べ】見た目・乗り心地・ノイズ…どれがいい_VOL.1|足回り カスタム」の1枚めの画像ヨコハマ・ジオランダーA/T G015

乗り比べした人を紹介♪

「【オフロードタイヤをデリカD:5で乗り比べ】見た目・乗り心地・ノイズ…どれがいい_VOL.1|足回り カスタム」の1枚めの画像石川大輔氏 スキーやスノボも大好きな自動車ライター。デリカの走破力と積載性に惚れており、テレーンタイヤにも興味津々。ユーザー目線で試乗に挑む。


[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【オフロードタイヤをデリカD:5で乗り比べ】見た目・乗り心地・ノイズ…どれがいい_VOL.1|足回り カスタム