クルマとアウトドアをつなぐ
利便性の高いアイテムが続々

OGC/オージーシー

e-mon アウトドア ogc ライト 電源 固定 荷物 積載 キャンプ


世はアウトドアブーム。

幅広い世代が愛車でキャンプを楽しんでいるが、そんなシーンで活躍する実用系アイテムを多数手掛けているブランド、それがOGC。

自らのアウトドア体験で感じた“あると便利”なパーツを積極的に展開するOGCでは、キャンプシーンになくてならない、車内&車外で使える電気系を皮切りに、汚れや傷防止に役立つプロテクション系、かさばりがちな荷物の整理整頓に欠かせない収納系などが充実。

さらに、それら荷物等の固定を含め、センス次第でいろいろな使い方が期待できるフィックス系と、多数種取り扱っており、“こんなモノが欲しかった!”がきっとある、アウトドアファン必見のブランドだ。

今回は先日発売された新製品を紹介するゾ!

■■ハンディライト■■
5000円前後

ハンディライト

自宅の非常灯としても1個別に常備しておきたい懐中電灯。内蔵の高輝度LEDはなんと200m先まで照らせる! USB充電で繰り返し使えるリチウムイオンバッテリー内蔵モデルで、金属面に固定できるマグネットまで付く。
ヘッドを回せばスポット→ワイド、ワイド→スポットと焦点を調整できる。素早く2回ボタンを押せば点滅も。

■■スクエアライト■■
8000円前後

スクエアライト

小型かつ軽量で持ち運びもできるポータブルライト。4段階から明るさを調整できる高輝度LED型で、バッテリーも大容量と長く使える。USBを使い移動中に充電できる。さらに出力機能も。モバイルバッテリーとしても使える!
賢い機能はポーチにも。ポーチに入れたままの状態で、ライトをON&OFF可能。ボタンマークも入っている。

■■USBチャージャー■■
4000円前後

USBチャージャー

新発売のUSBチャージャーは車載アクセサリーソケットに差し込むシンプル系。本体から伸びるコードは90㎝もあるほか、マジックテープが付属しているため内装の樹脂部分にも固定可能と、設置場所の自由度がとても高い。
USBを差し込むポート数は、なんと合計6口もあり! 2.4Aが2口、1Aが4口備わる。

■■コンパクトインバーター■■
5000円前後

コンパクトインバーター

家庭用AC100V機器や、USB充電器などを使う場合に重宝する変換器。これさえあれば、DC12V電源から簡単に電力を確保できる。車載の純正アクセサリーソケットにプラグを差し込むだけで使える。
USBはTYPE-Aと呼ばれる、充電力の強い2.4Aが2口と、AC100Vソケットが1口備わっている。

■■バッテリーチャージャー■■
8000円前後

バッテリーチャージャー

繰り返し使えるディープサイクルバッテリーだが、過放電後は適時充電が必須で、このチャージャーはその専用充電機だ。電気的な刺激を与えて寿命を延ばす。バッテリーの状況にあわせて使い分けできる、3種類のモードを搭載。
製品には本体のほか、AC/DCアダプターとクリップ端子コード(写真)が付属。充電方法は動画でも確認可。

■■コントロールボックス■■
3万円前後

コントロールボックス

放充電を繰り返し行え、性能劣化がしにくい12V用の市販ディープサイクルバッテリーから、AC100Vなど、様々な電力を取り出せる便利ユニット。災害時にも便利な「エマージェンシーモード」のほか、より大きな電力が必要となった場合に使う「パワーモード」を搭載。本体のみを卓上に置いて操作できるなど、設置性と操作性に優れている。

「【クルマで出掛けてアウトドア遊びするならばこんなアイテムがあったら便利だと思う】」の1枚めの画像USBほか、様々なジャックを挿入できる各種ポートを完備。カバーを付けたまま立て掛けできる。

ディープサイクルバッテリーに接続
電源を取り出して使用する

魚群探知機や電動ウインチなどの電源として、繰り返し放電可能なディープサイクルバッテリー。車載用よりもコンパクト。ただし重量はそれなりにあるので、持ち運びにご注意を。

■■バッテリーバッグ■■
3000円前後

バッテリーバッグ

市販ディープサイクルバッテリーの保護、持ち運びにあると便利な専用収納。ケーブル等を収納できるメッシュポケットが付くほか、バッテリーサイズにあわせたベルト調整ができる。

■■マルチバケット■■
3000円前後

マルチバケット

本体がEVA、持ち手がポリエステルという樹脂製のため、汚れたら丸洗いできる便利な収納ケース。カラビナフックなどを取り付けできるDカンリングが付く。折り畳み可能。

■■シートプロテクター(フロント用)■■
7000円前後

「【クルマで出掛けてアウトドア遊びするならばこんなアイテムがあったら便利だと思う】」の1枚めの画像シートプロテクター(フロント用)


前席保護用シート。ヘッドレスト、背面、座面、収納付きシートバックの4ピースセット。当然の防水処理済み。背面を特殊なメッシュとして蒸れにくくしている。専用収納袋付き。

■■シートプロテクター(リア用)■■
8000円前後

シートプロテクター(リア用)

後席を汚れから守る保護シート。汎用品だがコーナー部分をカットするなど、フィッティングにも配慮されている。濡れたまま乗れる裏面防水コート済み。ペット用としても使えそう。

■■ラゲッジプロテクトクロス■■
6000円前後

ラゲッジプロテクトクロス

広範囲にカバーして、荷室床面や後席背面をキズや汚れから守る汎用シート。摩耗性や汚れに強い優れたポリエステル製で、コンパクトに畳んで専用袋に収納できる。伸縮性も高い。

問:エーモン工業 0790-22-6262
https://www.amon.co.jp

[Text:スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【クルマで出掛けてアウトドア遊びするならばこんなアイテムがあったら便利だと思う】