ビジュアルと走りを
全方位徹底強化!!

AutoExe/MX-30
オートエクゼ/MX-30(DR系)

AutoExe_MX-30_フロント

鳴り物入りで登場したMX-30を手掛けたのは、マツダ車のエキスパート、オートエクゼ。

“SUVスペシャリストへの深化”と銘打ち開発を進めた新作は、スタイルの個性化は当然、走りを中心とした機能面強化にもこだわるオーナーへ向けた多品種ラインアップとなっている。

スタイリングの基本をなすボディキットを塗装不要で楽しむブラック系統一と割り切ったほか、左右出しマフラーでリアをブラッシュアップ。

スタビリティの高い踏ん張りの効く車高調は、ブランドが最適とするセッティングにこだわりあえての減衰力固定式とするなど、1つ1つにこだわりが見える。

タワーバーを筆頭とした、お馴染みの補強系パーツも駆使できる高い走行性は、純正の潜在能力を引き出すに長けたオートエクゼの知見あってこそだ。

そのほかにも吸気系やブレーキ系、各種キャップやカバーなど大小幅広い。

魅せるだけでなく、走らせても楽しいこのトータルプラン。

さぁ、どこからやろうか! ?

AutoExe_MX-30_リア

フロントアンダースポイラー

純正の雰囲気を削ぐことなく、走りの印象を手堅く強化。販売はピアノブラック塗装済みのみ。ダクトとカナード風の立ち上がりも特徴だ。

AutoExe_MX-30_フロントアンダースポイラー

リアアンダーガーニッシュ

バンパーの底部から被せるアンダーガーニッシュは、ブラックの梨地タイプで塗装不要で楽しめる。中央のダクトはリアフォグ装着を想定。

AutoExe_MX-30_リアアンダーガーニッシュ

リアルーフスポイラー

純正の上に被せる追加型のルーフスポイラーは、フロントスポイラーにならった翼端板風の折り返しが付く。装着することで生まれる中空感にも注目したい。

AutoExe_MX-30_リアルーフスポイラー

スポーツサイドバイザー

走行時の負圧を利用して、車内に滞留する空気を効率良く排出させるベンチレーション機能を搭載したサイドバイザー。目を引くエアロフォルムも特徴的。

AutoExe_MX-30_スポーツサイドバイザー

プレミアムテールマフラー

左右出しマフラーは110×95φ。実用域でのレスポンスアップを狙いチューニングした。バンパー加工が伴うが、加工跡を整える専用ガーニッシュもある。

AutoExe_MX-30_プレミアムテールマフラー

チューニングアイテム

タワーバーからインテークサクション、ボンネットダンパー、オイルフィラーキャップなど、エンジンルームまわりだけでも相当数のパーツを装着している。

AutoExe_MX-30_チューニングアイテム

ステアリング

赤い縦ラインが特徴のシェイプモデル。握りやすさを追求し純正よりも7㎜小径化しつつ、表皮をディンプルレザー張りに変更。純正エアバッグは当然流用可能だ。

AutoExe_MX-30_ステアリング

パドルシフトレバー

純正に被せるだけで、見た目をスポーティかつ高品位とするパドルシフトレバー。純正よりも上下に長くなる全長100㎜モデル。

AutoExe_MX-30_パドルシフトレバー

ホイール

デモカーが履く57ANAは、高次元の切削加工により実現した、これまでにない立体感が特徴。見る角度、光の当たり方で変わる印象差にも注目したい。

AutoExe_MX-30_レイズ・グラムライツアズール57ANA

【PARTS SPECIFICATION】

フロントアンダースポイラー 9万200円
リアアンダーガーニッシュ 4万6200円
リアルーフスポイラー 8万5800円
スポーツサイドバイザー 1万9800円
マフラーガーニッシュ 2万8000円
プレミアテールマフラー 11万8800円
ホイール/レイズ・グラムライツアズール57ANA(18×7.0+45)
タイヤ/ブリヂストン・トランザT005A(215/55-18)
車高調/オートエクゼ 17万3800円

問:オートエクゼ 03-6458-7251 
https://www.autoexe.co.jp

スタイルワゴン2021年5月号 No.305より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「<マツダ・MX-30>全方位で進化! 最速エアロで見た目と走りを激変!|オートエクゼ|エアロ カスタム