10泊11日 車中泊インプレッション!

車中泊と一言で言っても、寝るクルマやフラットスペースの作り方によって、その“快眠度”は大きく変化する。同じクルマだとしても寝方や、寝心地を良くするためのグッズを駆使することで、もっともっと快適に過ごすこともできるのだ。今回はクルマによって異なる寝心地を実証するために、10泊の車中泊キャンプを敢行。さて、意外にももっとも寝やすかったのは、あのクルマでした!

■■第五夜 スズキ・ハスラー■■

意外にも就寝スペースは200センチ超え!

スズキ ハスラー 車中泊 寝られる インプレ 試乗 キャンプ アウトドア


アウトドアが似合うSUVタイプの軽自動車、スズキ・ハスラー。かわいらしさとタフさが入り交じるスタイリングで人気のクルマだ。見た目が似合うだけじゃなく、テントの名門「ogawa」とのコラボによるカーサイドタープなど、アウトドア向けの純正オプションパーツが多いのも魅力のひとつ。

さて、その車中泊インプレッションだが、軽自動車と侮るなかれ、なんとフラットスペース長は最大で約210センチ。長さだけみたら、今回車中泊を試した中ではトップクラス。

その理由は1列目座面からラゲッジのフロアまでがフラットにアレンジできるということ。2列目は、前倒しをするとシート座面が沈み込むダイブダウン式。これにより他のSUVやステーションワゴンのようにシート背面に傾斜が付くことなく、しっかりとフラットになる。

それに合わせて1列目をリクライニングさせることで、210センチのスペースが生まれるのだ。実はハスラーには3パターンのフラットアレンジがあるが、最も長さが取れるのがこの方法。他の方法も試しに寝てみたが、長さも、そして寝た時の快適さもこれが1番だった。

寝る際に工夫が必要なのは、まずラゲッジの樹脂製フロア部分。正直このまま寝るには硬いので、マットを敷くのがお薦め。

そして1列目座面の段差。そこそこの段差になるが、頭をラゲッジ側とすると、1列目の座面はほぼ足先程度で正直気にならない。気になる場合はマットでかさ増しをすればOKだ。大人2名で寝るにはちょっと厳しいが、ひとり旅なら荷室も広く使えるので、趣味道具を積んでのソロ車中泊ならかなりアリ!でした。

快眠度 ★★★★☆
腰のやられ具合 ★☆☆☆☆
就寝人数目安 大人2名ちょっと厳しめ
車両価格 128万400円〜179万800円
乗車定員 4名

フラットスペース長は驚きの約210センチ。長さだけ見れば十分に足を伸ばして寝られる。ラゲッジフロアの樹脂部分、1列目の凹凸が気になるのでマットは必須。


A=約210cm
B=約105cm
C=約86cm
D=約35〜40cm

「【10日連載!】1日1台寝てきました! 10泊11日車中泊インプレッション_どのクルマが1番寝やすい!? ■第五夜 スズキ・ハスラー」の1枚めの画像

「【10日連載!】1日1台寝てきました! 10泊11日車中泊インプレッション_どのクルマが1番寝やすい!? ■第五夜 スズキ・ハスラー」の1枚めの画像1列目座面と背面の段差はキャンプマットを重ねてクリア。背面もわずかに傾斜があり、寝る位置によっては腰から下が落ちるような状態になるが、これもマットで調整できる。

1泊目 トヨタ・ノアMU(モデリスタ)
2泊目 マツダ・マツダ6ワゴン
3泊目 三菱・デリカD:5
4泊目 三菱・アウトランダーPHEV
5泊目 スズキ・ハスラー
6泊目 ホンダ・フリード
7泊目 日産・エルグランド
8泊目 ダイハツ・タントカスタム
9泊目 トヨタ・ハリアー
10泊目 日産・NV350キャラバン マルチベッド(オーテック)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【10日連載!】1日1台寝てきました! 10泊11日車中泊インプレッション_どのクルマが1番寝やすい!? ■第五夜 スズキ・ハスラー