クルマもファッションの1つとして
新しいカーライフスタイルの提案。

HONDA/FIT e:HEV CROSSTAR Custom
ホンダ/フィットe:HEV クロスターカスタム

残念ながら中止となった東京オートサロン2021で出展予定だった、ホンダ・フィットクロスターカスタム。その全貌を公開。
ホンダ フィット クロスター SUV クロスオーバー アースカラー ハンターカブ


このコンセプトカーを一目見て感じたのが「普通にディーラーで購入できるクルマですか?」ということ。

それほど完成度が高く、カスタムされたスタイルが純粋にカッコよく仕上がっているように感じた。

「あくまでイベント向けのコンセプトカーで公道を走ることはできません。いまのところ販売の予定もございません」とは開発責任者の山﨑さん。

そんなフィットクロスターカスタムの象徴的なポイントがボディカラー。今回の製作モチーフとなったのがCT125ハンターカブ。その純正色であるマットフレスコブラウンをベースに調色したオリジナルのサンドカラー。まさにアースカラーを象徴するカラーリング。

「街中でミリタリーカラーのジャケットを着ている方が増えていますよね。そんな人が乗り込むクルマに似合いそうな色を考えました。アウトドアでも似合うと思いますが、都会や街中で乗っても違和感がない、クルマと人との世界観が一つになればいいなという思いで選んでいます」。

今回の取材時、山﨑さんのスタイルがまさにそれ。オリーブカラーのジャケットにカーキのパンツ。そしてサンドカラーのフィットが並ぶ姿は、全てがファッションのひとつとしてトータルコーディネイトされているよう。

このフィット、ぜひ市販化して欲しいと多くの人が思っているのでは?

ボトムまわりはマットブラックで

「【お披露目の場を失った】アースカラーが絶妙にお洒落。ホンダ・フィット極上の街オフ系コンセプトカー」の1枚めの画像


全体のバランス感を整えるため、ルーフとボトムまわりをブラックに。ピラー、そしてルーフのブラックは純正色。オリジナルのサンドカラーがより一層引き立つ仕上がりに。

「【お披露目の場を失った】アースカラーが絶妙にお洒落。ホンダ・フィット極上の街オフ系コンセプトカー」の1枚めの画像


完全オリジナルとなるフロントバンパー&オーバーフェンダー。グリル&開口部はハンターカブのマフラー遮熱板をモチーフにしたもの。フォグランプはハンターカブのヘッドライトをスモーク塗装し設置している。通常のクロスターにも樹脂仕上げのオバフェンが装備されるが、片側40mmの大型オーバーフェンダーを新たに製作している。

「【お披露目の場を失った】アースカラーが絶妙にお洒落。ホンダ・フィット極上の街オフ系コンセプトカー」の1枚めの画像鉄ちんホイールとオープンカントリーの175/80-15タイヤの組み合わせ。フィット純正よりタイヤ外径が大きくなり、車高が3cmほどアップ。

株式会社 本田技研研究所
デザインセンター オートモービルデザイン開発室
プロダクトデザインスタジオ デザイナー
山﨑崇弘さん

東京オートサロン出展のコンセプトカー製作を打診された時は正直驚いたという山﨑さん。愛車はS2000で、年に数回程度だがキャンプを楽しむアウトドア派。今回の製作車両を奥様に見てもらったところ「オシャレで可愛いね」と、女性からも好評。

    [スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

    情報提供元:ドレナビ
    記事名:「【お披露目の場を失った】アースカラーが絶妙にお洒落。ホンダ・フィット極上の街オフ系コンセプトカー