日本カーオブザイヤーは伊達じゃない!
インディビジュアルモードも大活躍

SUBARU STYLE VOL.9/スバルスタイル

スバル SUBARU スタイル カスタム 新型 BRZ 86 レヴォーグ XV 雪上 試乗 インプレ にゃんちゅうー 久保凜太郎
スバルスタイルVOL.9


2020年の86&BRZ RaceにてBRZで初となるプロフェッショナルシリーズ年間チャンピオンとなった久保凜太郎選手にハンドルを握ってもらい、私にゃんちゅうーことスバ女ライター今泉あやと一緒に新型レヴォーグで雪上走行をしてきました!

2020年、86&BRZレースのプロクラスで、BRZ勢として初のチャンピオンに輝いた久保凜太郎選手。現在の愛車は先代のVMレヴォーグ。今回の試乗で新型購入となるか?

●久保凜太郎オフィシャルSNS
https://twitter.com/Rintaroofficial

新型レヴォーグ(VN5) STI Sport EX
新型レヴォーグ(VN5) STI Sport EX
試乗車にはSTIのエアロパーツが装着されていたため、雪深いところではちょっと心配も。。。ただ走り面での不安は一切無し。

舞台は予想外の吹雪で視界は真っ白、道路も真っ白な富山県某所……。雪上走行にはもってこいのシチュエーションです。最上級モデルのSTI sportに最新の先進安全システム「アイサイトX」を搭載したSTI sport EXグレードの新型レヴォーグで、いざ発進!
このグレードにはドライブモードセレクトという新機能がついていて、クルマのキャラクターをボタンひとつで変えられる革新的なシステムです。ドライバーは5つのモードから走りの特性を選ぶことができ、アクセルに対するパワーの出方や ステアリングの味付け、AWDの旋回性能、アイサイトやエアコンの設定まで細かく変化します。

「【動画有り】新型スバル レヴォーグは雪道でも素性の良さを発揮! 86&BRZチャンピオン「久保凜太郎」が本気インプレ! スバ女ライターにゃんちゅうーがレポート。スバルスタイルVOL.9(4/8発売)」の1枚めの画像猛吹雪の中だとさすがのアイサイトXも使用不能。これだけ視界が悪いと当たり前ですが。

「【動画有り】新型スバル レヴォーグは雪道でも素性の良さを発揮! 86&BRZチャンピオン「久保凜太郎」が本気インプレ! スバ女ライターにゃんちゅうーがレポート。スバルスタイルVOL.9(4/8発売)」の1枚めの画像東京-富山の往復約1000kmの道のりも、アイサイトXのおかげでかなり楽ちん。しかも安全。高速道路の料金所前減速なども優秀。さすがグランドツーリングカー「レガシィ」の血統を継ぐクルマ。

まずは、上りの坂道でノーマルモードをチョイス。轍も轍の上もスイスイ走ってくれる上に揺れや滑りも感じられず快適な乗り心地でした。「新エンジンとターボでトルクがすごいあるから、登りたいなとか、ちょっとアクセル踏みたいなって時にしっかりパワーが伝わってくれてる感じがするね。すごい、グイグイ登っていく!」と凜太郎選手も絶賛でした。

スポーツモードに変えると、ノーマルに比べてアクセルのレスポンスが良くなり、パワフル感がアップ。回転数もノーマルと比較して100~200回転上がっていました。路面状況などに合わせてダンパーの減衰力を変えてくれる可変式電子制御ダンパーの制御も効果が出ているのが伝わるような安定した走りを見せくれましたね。

スポーツプラスにすると、ステアリングが重く感じることに加え、足も少し固いフィーリングに変わりました。凛太郎選手的には、「スポーツプラスはちょっと雪道には合わないかなー。足が柔らかい方が雪を掴む量が増えるから固い足だと安定感が減るかも。でも、ここぞってパワーが欲しい時には、例えばインディビジュアルモードでパワーユニットをS#にしてそれ以外をコンフォートとかにしたらバランスが良いかもなー。上りで言うなら、パワーユニットはS#、ステアリングはスポーツ、サスペンションはコンフォート、AWDがノーマル、この組み合わせが今日乗ってて思った”凜太郎雪ベストセレクション”かな。」

新開発CB18ターボエンジンは雪道でもそのパフォーマンスの高さを発揮。雪をもろともせずグイグイ登っていく。

下りの坂道では、まずはコンフォートからスタート。ノーマルよりも滑らかさやしなやかさが増し、ちょっとした雪道ならコンフォートモードでも十分に対応できる安定感でしたが、少しステアリングが軽いのとエンジンブレーキが弱いと思う場面も、、とは言ってもスピードが落ち過ぎてしまって少しアクセルを踏みたいなと言うときも、コンフォートのマイルドなアクセルレスポンスはちょうどいいと凜太郎選手褒めていました。

スポーツプラスでは、エンジンブレーキの効きもアップ!少しスピードを出したり、アクセルを踏んだりしても滑り出す前にクルマが制御してくれて、安心した走行を続けられました。凜太郎選手は、ステアリングはハンドルを切っているときのしっかりした感じが良く伝わってくるスポーツがいいと言っていました。

新型エンジンの良さはもちろんだが、こういうシチュエーションだと、SGP+フルインナーフレームのボディ剛性としなやかさ、さらには2ピニオンパワーステアリングなど、新型レヴォーグで初投入されたSUBARUの先進技術の高さが際立つ。

最後に、雪道を走る時はMTモードやエンジンブレーキを使うようにすること、ブレーキを踏むなら雪が途切れたアスファルトが見えているところで踏むことが安全に走るポイントだそう。また、曲がらないと思ったら、いつもより少し多めにハンドルを切ると曲がってくれるし、轍に乗せればスピードも落ちるので覚えておくといいでしょう! と凜太郎選手が雪道アドバイスをくれました。

新型レヴォーグ、雪上インプレッションいかがでしたか? インディビジュアルモードなら今回試した組み合わせとは違う、あなただけのキャラクターにセッティングすることができるので、自分の最適な組み合わせを見つけてみてくださいね。

「【動画有り】新型スバル レヴォーグは雪道でも素性の良さを発揮! 86&BRZチャンピオン「久保凜太郎」が本気インプレ! スバ女ライターにゃんちゅうーがレポート。スバルスタイルVOL.9(4/8発売)」の1枚めの画像スバ女ライター/にゃんちゅうーこと今泉あやのセクシーショットが見られるのはスバルスタイルだけ!? 4月8日発売の「スバルスタイルVOL.9」を要チェック。


●今泉あや/オフィシャルSNS
https://twitter.com/aya0006nyan

▼▼新型レヴォーグの試乗動画はこちらから!▼▼

「【動画有り】新型スバル レヴォーグは雪道でも素性の良さを発揮! 86&BRZチャンピオン「久保凜太郎」が本気インプレ! スバ女ライターにゃんちゅうーがレポート。スバルスタイルVOL.9(4/8発売)」の1枚めの画像スバルスタイルVOL.9


スバルスタイルVOL.9より
2020年4月8日発売
特別付録/世界最速 新型BRZガイドブック付き

購入はこちらから。
https://www.amazon.co.jp/dp/4779643678/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_06E59VANDVMVVMT3KT8S

スバルスタイル編集部
文:今泉あや
写真:土屋勇人

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【動画有り】新型スバル レヴォーグは雪道でも素性の良さを発揮! 86&BRZチャンピオン「久保凜太郎」が本気インプレ! スバ女ライターにゃんちゅうーがレポート。スバルスタイルVOL.9(4/8発売)