本気だけどゆる〜い連載!

“あり得ない”を想像し実車を超えるリアル感を目指す
カメラマンPAPANの魅せプラモ部 第11回

魅せ プラモデル プラモ 撮影 写真 PAPAN


こんにちは〜、魅せプラモ担当Nです。最近はもっぱらキャンプ三昧です。先日は本の企画を兼ねてですが、10泊11日の車中泊を敢行してきました。

なかなかしんどかったですが、ソロキャンプっていいですね。

後々思ったのですが、プラモ持っていけば良かったなと……。担当ながら緩さが出ちゃってます。

さて、話は本題で、先月号で紹介したPAPAN部長の新作。今日は背景のお話です。背景は渋谷ですね。考えてみれば渋谷があんなに荒廃しているわけもなく。そう、あれはデロリアンの時にも駆使したPC画面背景です。

渋谷の写真をPC上で画像加工し、荒れた姿に。空もおどろおどろしくしたという感じでしょうか。作品では、いかにも世紀末な感じがすごく出てますよね。

実はPC画面との合成って、非現実的なことをリアルに見せられるだけではなく、背景とプラモとの距離感や時間帯なども背景写真のボケ具合や色味を加工するだけで調節できるので、様々な作品が撮れる可能性が広がるんです。

これってなかなか出歩けない今ならではのテクニックですよね。来月は、本作品のストーリー性を高める小物に迫ります。ではでは〜。

「〈火曜あさ6時はプラ活!〉非現実をリアルに見せるには!?【連載・魅せプラモ部第11回】プラモデル カスタム」の1枚めの画像作品の全景。2台の放置車両クラウンと背景の荒廃した渋谷が絶妙にマッチしてます。現実的にはあり得ない風景がPC画面なら作れるんですね。

papan部長

様々なクルマ雑誌で活躍する大阪在住酒好きクルマ好き楽しいこと好きなプロカメラマン。痛風持ちの39歳。なぜか稲中のタトゥーを入れている。愛車はジープ ラングラー。最近赤から黄色に鞍替え。自粛期間にプラモにドハマり。放置車両の撮影がライフワーク。写真集「STILL ALIVE」発刊や個展なども開催する。
Instagram @papanphotography

SNSにタグ付けて投稿したら掲載するかも!

作品は「#魅せプラモ部」のタグを付けてTwitterやInstagramに投稿して頂ければ、誌面や本サイトにて掲載する可能性あり! 読者の皆さまのみならず、業界関係者の方もお待ちしております!

スタイルワゴン2021年4月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「〈火曜あさ6時はプラ活!〉非現実をリアルに見せるには!?【連載・魅せプラモ部第11回】プラモデル カスタム