Avanzare/ALPHARD & VELLFIRE
アヴァンツァーレ/アルファード(30系)&ヴェルファイア(30系)

30系 アルファード ヴェルファイア エアサス ローダウン インチアップ 21インチ 深リム


30系からダブルウィッシュボーン式リアサスペンションを採用し、車高短+深リムが身近になったアルファード&ヴェルファイア。最近では、地を這うような仕様がSNSでも散見される。

カスタムで絶対に避けて通れないローダウンとホイールの関係。これは長いカスタムの歴史の中でも特に奥が深い。低ければ低いほどカッコイイが、同時にスポイルする利便性と乗り心地。

さらに、特権である深リムと、威張れる高級感を持った組み立てホイールを選べば、車体と干渉するリスクを背負うことになる。無論、コストもかかるし、ディーラーへの出入りも難しくなることもある。限界に迫る車高短+深リムには、リスクがつきまとうのも事実なのだ。

しかし、そんなネガな要素と上手く折り合いを付けながら、伝統的で憧れの車高短+深リムスタイルを追究したのがこの2台。東京の老舗アヴァンツァーレが仕上げている。

ヴェルファイアはいわゆる製品のポン付けレベルで狙える限界の車高。これでも十分に低いが、アルファードはさらなる追加パーツや加工を行いヴェルファイアを越えるローフォルムを実現している。

2台に共通するパーツは、4独式のエアサスと21インチの組み立て3ピースホイール。いわゆる最上級のアイテムだ。

ここまでの車高短を狙うとなると、車高調はヒットのリスクや利便性を考えると選択外となる。また、乗り心地のスポイルを最小限に抑える点や、緊急回避面を考えると4輪独立仕様のエアサスがマストだという。

次にホイール。どちらも名門スーパースターのレオンハルトの21インチを採用。20インチで車高短に特化する方向性もある(20インチの方が下がる)が、アルヴェルの車格とボディマスを考えると21インチが最適解。

さらに、スーパースターの3ピースは、リム幅とインセット、ディスク形状などが豊富に選べるので、フェンダー内に美しくセットアップする面でも有利だ。

もちろん、これらの上級アイテムを駆使しても、ここまでのダウン量となるとフェンダー内のクリアランスを確保する為の加工処理も必要となる。また、リアのネガティブキャンバーを増やし、トー角の最適化などのアライメント調整も必要となってくる。

これらのパーツとテクニックを駆使してやっと辿り着く、車高短+深リムの美学。決してイージーではない。しかし、アルヴェルのポテンシャルならば充分に可能だ。それでもなお頂を目指すアルヴェル乗りはぜひ挑戦してみて欲しい。

アルヴェル2台の注目すべきポイント

POINT1 アヴァンツァーレのエアサス

アヴァンツァーレのエアサスは固定式の2独と4独モデルの2種。しかし、さらなる低さを求める人の為に裏メニュー的にフルタップ式(4独のみ)も用意している。価格は65万8000円。

【PARTS SPECIFICATION】
エアサスペンションシステム
2独=44万8000円
4独=50万8000円

POINT2 大きな段差も余裕

車高を最大に上げれば、この位の輪留めも余裕で越せる。狭い駐車場や、奥様が運転する時に安心安全。ダウン量だけでなく、アップ量もあるのがアヴァンツァーレエアサスの大きな魅力なのだ。

POINT3 フェンダーの加工は必須

「【30系アルファード&ヴェルファイア】エアサス&組み立て21インチで狙う最強の車高短+深リムスタイル_前編|ホイール カスタム」の1枚めの画像


アルヴェル共にこのダウン量、ホイールのサイズを狙うならフェンダー内の加工はマスト。フロントはツメの一部を折り曲げ、リアはカットする。見えない部分で手間が掛かる。

POINT4 走行時の車高

「【30系アルファード&ヴェルファイア】エアサス&組み立て21インチで狙う最強の車高短+深リムスタイル_前編|ホイール カスタム」の1枚めの画像


アップ量が多いので心配な人もいるかも知れないが。だいたいこの位の車高で走行が可能だ。ただし、車体とのクリアランスやアライメントとの兼ね合いがあるので装着ショップと相談するのが良いだろう。

後編ではアルファード&ヴェルファイア両車の足周りカスタムのディテールに迫る!

問:アヴァンツァーレ 042-531-1916
https://www.avanzare.co.jp

スタイルワゴン2021年3月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【30系アルファード&ヴェルファイア】エアサス&組み立て21インチで狙う最強の車高短+深リムスタイル_前編|ホイール カスタム