斧や剣を連想させる造形が
威圧的な顔つきへと導く


Albermo/HARRIER
アルバーモ/ハリアー(80系)


シーザー アルバーモ ハリアー 80系 ランボ ウルス エアロ

現行モデルを中心に、あらゆるクルマを刺激的なスタイリングに仕立てるアルバーモのエアロプログラム。最新作の80系ハリアーは、強烈なインパクトを放つフロントバンパーがポイント。斜めに角度を付けた柱は斧をモチーフとしてエッジを効かせ、さらに左右に仕込んだ剣のように鋭いフィンを3本追加することで威圧感のある表情を形成。

バンパーだけで見るとかなり大きく見えるが、実際のサイズは純正バンパーとほぼ同等。地面とのクリアランスは十分に保たれているため、擦ってしまうリスクを大幅に低減できる。

リアまわりは純正バンパー下部と付け替えるタイプのリアバンパーロアに注目。バンパーに被せるハーフタイプと違って後付け感がなく、フルバンパーに交換したような大きな変化が楽しめる。

センター出しマフラーは5次元と共同開発したエアロ専用品となり、美しいサイレンサーや大胆なパイプレイアウトもアピールできる。トータルバランスを考慮すると、エアロとセットでの装着がオススメだ。

デモカーはダウンサスでさり気なくローダウンしているが、アーチを下げたフェンダープロテクターの効果でそれ以上に視覚的な低さをアピールできる。

「【コンセプトはハイパーSUV】鋭さとイカツさを兼ね備えたアルバーモ流ハリアーメイク【幻の東京オートサロン出展車】」の1枚めの画像フィンを添えた開口をはじめ、各部に限界まで奥行きを付けて立体感を強調したフロントバンパー。フォグランプやセンサー類は純正をそのまま移植可能。

「【コンセプトはハイパーSUV】鋭さとイカツさを兼ね備えたアルバーモ流ハリアーメイク【幻の東京オートサロン出展車】」の1枚めの画像

【PARTS SPECIFICATION】
フロントバンパー 16万8000円
リアバンパーロア 8万2000円
バックドアウイング 4万8000円
フェンダープロテクター 6万4000円
センターマフラー 14万6000円

ホイール/MLJ・ハイペリオンCVZ(22×9.0J+38)
タイヤ/ニットー・インヴォ(265/35-22)

問:シーザー 0833-45-0321
http://www.caesar.ne.jp/albermo

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_岩田直人)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【コンセプトはハイパーSUV】鋭さとイカツさを兼ね備えたアルバーモ流ハリアーメイク【幻の東京オートサロン出展車】