オフロード走行も想定した作り込み
タイヤ&ホイールはもちろんヨコハマ!


YOKOHAMA/FAIRLADY Z
横浜ゴム/フェアレディZ(Z34系)


ヨコハマ リフトアップ フェアレディz z34 オフタイヤ yokohama

タイヤでおなじみの横浜ゴムが製作したZ34系フェアレディZ。ベース車が2ドアクーペのスポーツカーだけに走りを意識してモディファイしたのかと思いきや、何とゴリゴリのリフトアップスタイル。

海外ではポルシェなどのクーペをリフトアップするカスタムが流行りつつあり、同社はそのトレンドにいち早く着目。国産車の中でそういう路線が似合うと感じたのが、スタイリングが美しいフェアレディZ。エンジンの素性が良く、ダートではパワフルな走りを楽しめそうなのも大きな決め手となった。

足まわりはアメリカのオフロードレースでも選ばれる、キング製のサスペンションキットを導入してリフトアップ。さらに肉厚のブロックタイヤを履かせるため、ワンオフのワイドフェンダーを製作。

オフ車向けサイズのヨコハマ・ジオランダーM/T G003に合わせてアーチを大きく広げている。ホイールも同じくヨコハマのアドバンレーシングRCⅢ。ラリー参戦車にも選ばれるホイールで、オフロードテイストをさらに強めた。

今後はオフロードでの走破性を高めるために細部を煮詰め、同時に自社タイヤブランドであるジオランダーのプロモーションも行っていく予定だ。

タイヤのトレッドパターンをモチーフとしたカラーリングはラッピング。泥が跳ねたようなグラフィックも取り入れて、アグレッシブなムードを強調させた。

「スポーツカーでやるから面白い! 筋骨隆々・リフトアップZ【幻の東京オートサロン出展車】」の1枚めの画像フロントのアンダーガードはジャオス製。もちろんZ用の設定はないため、ワンオフで作ってもらった。LEDランプやウインチなど、オフロード走行の必須アイテムも導入。

「スポーツカーでやるから面白い! 筋骨隆々・リフトアップZ【幻の東京オートサロン出展車】」の1枚めの画像グラマラスなフォルムへと導く前後のワイドフェンダーは、FRP製品の開発を得意とするBMクラフトでワンオフ。装着することで全幅は2mを越える。

「スポーツカーでやるから面白い! 筋骨隆々・リフトアップZ【幻の東京オートサロン出展車】」の1枚めの画像

「スポーツカーでやるから面白い! 筋骨隆々・リフトアップZ【幻の東京オートサロン出展車】」の1枚めの画像

【PARTS SPECIFICATION】
ホイール/ヨコハマ・アドバンレーシングRCⅢ(F17×7.0J+45 R17×8.0J+38)
タイヤ/ヨコハマ・ジオランダーM/T G003(F255/75-17 R33×12.5-17)

問:横浜ゴム 0120-667-520
https://www.y-yokohama.com

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_岩田直人)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「スポーツカーでやるから面白い! 筋骨隆々・リフトアップZ【幻の東京オートサロン出展車】