アーバン感が強い現行ハリアーを
あえてタフさ際立つオフ系メイクで

くるまドットコム/ハリアー(80系)

ハリアー 80系 くるまドットコム オフ系 オーバーフェンダー オフロード


世の中がアゲ系SUV盛りといいつつ、クーペフォルムのSUVも人気だ。昨年デビューした80系ハリアーは、まさにアーバン系最右翼。多くのメーカーは、ローダウン+エアロというカスタムを提案している。しかし、その流れに待ったをかけたのが、くるまドットコム。昨年の東京オートサロンでRAV4とジムニーのアップスタイルを提案していたのは記憶に新しい。

デモカーを見た第一印象は『80ハリアーのアゲもあり』。そう思わせる工夫として取り組んだのが、アップスタイルでもローダウンでも使えるハイブリッドなデザインだ。

例えば、フロントバンパーパイプガード。RAV4ではバンパー全体を覆うような大ぶりなデザインを採用していたが、80ハリアーではリップにかかるくらいコンパクトに設計。ハリアー本来のフォルムを活かしつつ、アゲ系カスタムをフィットさせている。

オーバーフェンダーも然り。デモカーではマットな塗装でオフ感を演出しているが、ソリッドで塗れば下げても似合う。

もちろん、専用ヒッチメンバーなどがあるからこそ、アップスタイルが強調されているのはいわずもがな。いかにもなオフ系ではないが、こんな街乗りオフ系も十分ありなのだ。

「【現行80系ハリアーのオフ系のUPスタイル】専用ヒッチでキャリア増設も狙える アーバン改め“街乗りオフ系”|くるまドットコム」の1枚めの画像フロントまわりでオフっぽさを物語るのがフロントバンパーガード。あえて小振りにして下げても似合うようにデザインされている。

ナイトロパワー&オープンカントリーA/Tという組み合わせの足元。オバフェンは片側10㎜でダミーボルトがワイルドさをアップ。

●80系ハリアー専用設計 スマートなヒッチメンバー●

くるまトッドコムの80ハリアーを最もアップスタイルに仕立てているのがヒッチメンバー。純正フレームにあるネジ穴を活用して取り付けるので安定感&フィット感は抜群。カーゴラックなどを取り付けて雰囲気アップを狙うべし。

くるまドットコム 松岡さん

「80ハリアーにはルーフレールも開発中です。またハイラックスや新型デリカD:5なども手がけていくので期待していてください」。


【DEMO CAR SPECIFICATION】
SUSPENSION タナベ・UP210
WHEEL ナイトロパワー・グレネード(17×7.0J+40)

【PARTS SPECIFICATION】
フロント&リアバンパープロテクター(2pcs) 3万2800円
フロントバンパーパイプガード 3万2800円
サイドドアプロテクター 3万2800円
サイドステップランニングボード 4万2800円
リアゲートウイング 2万9800円
リアゲート ダックテールスポイラー 1万9800円
ヒッチメンバー 3万4800円
アルミルーフレール 4万2800円
ドアミラーシーケンシャルLEDウインカー 1万3800円
オーバーフェンダーキット(6pcs) 4万3800円
4Dフロアマット(3pcs) 2万800円
3Dラゲッジトレイ(1pcs) 7980円

問:くるまドットコム 0120-562-474
https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-kuruma7

スタイルワゴン2021年2月号より


[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【現行80系ハリアーのオフ系のUPスタイル】専用ヒッチでキャリア増設も狙える アーバン改め“街乗りオフ系”|くるまドットコム