調光パノラマルーフは夜空も楽しめそうだし……!?

ドレスアップでは必要不可欠、被視認性アップで安全性にも貢献するシーケンシャルウインカー。
そのシーケンシャルウインカーの第一人者であるアベストは今、社内YouTuberが情報を積極的に配信しています。

今回のテーマは『新型ハリアー車中泊検証』です。

すずちゃんが大活躍する……ハズです!

今回の主役はこの新型ハリアーです。車内で寝られるか、の確認がテーマなので、リアまわり、ラゲッジスペースまわりを、すずちゃんが駆け回り(!?)ます。

「新型ハリアーで車中泊をしてみよう!」と元気に宣言するすずちゃん。
慌てて「今日車中泊するの?」と訊くと、「今日はしない」とすずちゃん。
あくまで、車中泊できるのかどうか、の確認ですよね?

ハリアーは大人気の車種だけに、ここ、気になるトコロです。

まずはリアゲートを開けます。バンパー下に足を差し入れると、さっとゲートが開き……ませんね。
「機嫌が悪いのかな」

でも大丈夫。ほどなくしてピッと音がして、ゲートが上がります。
「広いじゃないですか!」

現行モデルはクーペフォルムが強まっていますが、ナカナカの広さを見せてくれます。
でも、下のパネルは「少し高い」とすずちゃん。
乗り込む時は、よっこらしょ、となってしまうかも!?

サンプル車はハンズフリーパワーバックドア搭載車なので、スマートキーを携帯していれば、バンパー下に足を差し入れることでゲートを開けることができます。けど……。
センサーが反応してくれないこと数度、無事にリアゲートが開きました。確かに床面はやや高いですが、幅、奥行きはナカナカですね。

後席を倒してみます。
「簡単簡単」

少し角度は残っていますが、まずまずフラットになっているとみて良さそうです。
しかも、前席を結構後まで下げているにもかかわらず、そのままストンと倒せましたよ。作業性も◎ですね。

なんか、このまま寝られそうです!
けれど、よーく見てみると、荷室部分と倒したシートバックの部分に段差があります。

「このボッコン、気になる」とすずちゃん。
コレ、マット敷いてどうなるか? 気になるのかならないのか!?

すずちゃん、乗り込みます。
やはり、少し高いため、乗り込みにくいみたいですね。

「お邪魔します~」そして「オイショッ!」と気合一発。
それからゴツンと、開口部の上側に頭をブツけてしまいました……。痛そうですね。

荷室スペースと倒した2列目シートの背もたれ部分のつなぎ目に、段差があります。すずちゃんはコレが気になるようです。マットを敷けば気にならなくなるのか? 果たして?
乗り込む時、頭をゴツンとブツけてしまいます。お約束(!?)ですね。やや背の低いクーペフォルムが影響しているのでしょうか?

寝っ転がります。
真っすぐ横になれましたね。
でも「頭がギリギリ」だそうです。

すずちゃんは身長が155cmで、ソレでギリギリなんだから、成人男性だと少しキツいかも!?
前席を一番前まで動かしました。するとスペースは大分広がりましたよ。

「何かクッションとか置けないかな」とすずちゃん。
確かにクッションか何か、広がった“隙間”を埋めるモノを置けばあと15cmくらい稼げそうですね。

「斜めに寝れば!」とすずちゃん、閃きます。
ひとり専用なら、コレでも良さそうです。

今度は、朝起きる風景をイメージします。
「おはよう!」の声とともに上体をむくっと起こします。

すると……、ゴツン! 再び頭をブツけてしまいましたね。
「コレは危険です!」

今回の検証で判ったことは、車中泊はできないことはないけど、イロイロ厳しい面はある、と。

すずちゃん、まっすぐ寝てみる、の図。運転席を後ろに下げた状態だと、足先はギリギリです。身長170cmの人はアウトですね。
斜めに寝てみます。これだと“おひとり様”限定になってしまいますが、頭上&足元のスペースは一気に広がります。

でも、ハリアーには調光パノラマルーフがある!
寝ながら星空を眺める……。ロマンチックですねぇ~。

使ってみます。しかも音声認識で。
「調光パノラマルーフ、オン」とすずちゃん。

画面に表示された文字は“超硬パノラマルーフオン”。
認識されませんでした……。

「音声が聞き取れませんでした」と続けるナビ君。辛口です。

再度チャレンジすると……
「運転中は寝ないでください」(ナビ君)

ナカナカ上手くいきません。

キレイなまでの誤変換をしてくれました。キチンと音声を認識しているワケですが……。

結局「空が見たい!」という切実な思いを吐露することで、調光パノラマルーフは開きました。

が! 開いたら開いたでさらなる“不幸”が……(ここは動画で確認してくださいね)。

さて、エンジンを切ったら、この調光パノラマルーフ、どうなるのでしょう?
クリアなままだったら、キャンプ現場で車中泊しながら星空を満喫できるのですが?

残念、ルーフは真っ白になり景色はまったく見えなくなりました。

「めっちゃガッカリ」とすずちゃん。

良いオチ、頂きました!
さらに“不幸”が強調されてしまうカタチでもあり……。

とにもかくにも、横になることができることは判りました。

今後、ヴォクシーやアルファードでも、車中泊が可能か検討するそうですよ。
ソチラの動画も期待していますよ!

エンジンが掛かった状態で調光パノラマルーフを使うと、ご覧の通りクリアなガラスで空が良く見えます。
しかし、エンジンを切ると一気にルーフは真っ白に! キャンプ場でエンジンを掛け続けるワケにはいきませんから、車内で寝っ転がって星空を眺めることはできませんね。

問:アベスト
053-414-5416 https://avest.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ_小松ひろ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「AVEST社内YouTuberが検証<新型トヨタ・ハリアー>すずちゃんが検証!? 新型ハリアーで快適な車中泊は可能か否か?