今どきらしい車中泊の魅力は
安心して楽しめる“非日常”

車中泊 キャンプ キャンピング 魅力


いまなお生活の自由が制限されているコロナ禍。政府主導によるGO TOトラベルやGO TOイート、GO TOイベントと様々なキャンペーンが行われ、一見すると日常に戻ったような気もする。

しかし、永遠にビフォー・コロナに戻ることはない。人との距離を保ち、長時間の会話、会食を避ける。これら新しい生活様式のキーワードから、とあるカーライフのあり方が注目を集めている。

車中泊。読んで字の如く“クルマの中で泊まる”こと。ひいては、車内でゆっくりとくつろぐ時間を持つことも含まれているように思う。家族や友人、自分の見知った人しかいない空間で、非日常を楽しむことができる、またとない時間だ。それは、トナリの部屋に誰かがいるホテルや旅館の部屋で、万が一におびえながら過ごすよりも、よほど快適で、心地いい。

もちろん、道中だって、新幹線や飛行機など、閉ざされた空間にその他大勢といるよりも、よほど安心できるのも、車中泊が受け入れられる理由のはずだ。

運転して、くつろいで、そして寝る。大好きな愛車と四六時中一緒に過ごせるのは、クルマ好きにとって最高の贅沢な時間だ。

イヤなコトはぜ〜んぶ忘れて、車中泊、はじめてみませんか?

家に居るときとは違う風景を見ながら、食事も睡眠も自分達だけの空間。そろそろ旅行に出掛けたいという思いを最小限のリスクで叶えてくれる。

寝床がすでに車内にあるため、キャンプをするにもテントを買う必要がないため準備のコストを削減できる。できれば写真のようなマットがあればより快適。

車中泊ができる場所は続々と増えている。最も有名なのが、RVパークという車中泊のための施設。他にもオートキャンプ場や場所によっては道の駅も車中泊が許可されている場所もある。日本全国どこでも遊びにいけるのだ。

実はこんな都会的な夜景が見られる車中泊スポットもある。自宅からすぐ近くで、非日常を味わえるのも車中泊の魅力。写真は横浜みなといらいの夜景が望める横浜サニー RVパーク。

次回、車中泊記事では、これから車中泊を始めるために揃えておきたい車中泊ギア7選を紹介します!

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【車中泊の魅力って!?】こんな時期だし、こんなに車内が広いんだから、いまこそ車中泊してみませんか?