センサー対応のフロントグリル
選べる2種、あなたはどっち?


EXCLUSIVE ZEUS LUV LINE/HARRIER
エクスクルーシブゼウス ラブライン/ハリアー(80系)


ハリアー 80系 新型 フロント グリル センサー エムズスピード エクスクルーシブゼウス

いち早く新型ハリアー用のボディキットをリリースしたエクスクルーシブゼウスから、新バージョンのフロントグリルを装備した漆黒ハリアーがお披露目された。その違いはインナーデザイン。

タイプAではハニカムメッシュ形状としていたが、今回装着されるタイプBはフラットなマークレスデザイン。フロントマスク全体の塊感を強調し少々強面な印象へとモディファイする。そんなゼウスのフロントグリルは素材も話題。ABSの他に、ザラザラした純正のシボ感に近い仕上がりとカーボン柄ブラックでフィニッシュされるAES素材を設定し、塗装不要でそのまま装着できるのが魅力となっている。

またグリル裏側に設置される各種安全センサー対応も嬉しいトピックだ。

タイプB

ボディ同色化することで力強さが増したフロントグリル。塗装が必要なABS素材と、シボ加工のツヤ消しブラック仕様とカーボン柄ブラック仕様から選べるAES 素材が用意される。

タイプA
スマートな印象にまとめるなら、ハニカムメッシュ形状のタイプAがおすすめ。ボディカラーと異なるカラーリングでまとめればメリハリ感も高まる。こちらもABS/AES 素材を設定。

単色、2トーンで印象が大きく変わる

「アナタはどっちのデザインが好み?【新型80系ハリアー】センサー対応フロントグリルでもこんなに見映えが変わる!」の1枚めの画像


ゼウスでは単色塗装済みと2色塗り分け済みでのエアロ販売に対応。単色とツートーンによって印象が大きく異なるのがよくわかる。人気は塗り分け済みだが、塊感のある単色もカッコイイ仕上がり。好みに合わせた選択を。

ボトム部分がシャープかつ立体的に造形されているサイドステップ。リア側には2連のスリットダクトを装備しスポーティ。
ボリューム感のあるリアアンダー。純正樹脂部分を活かせるような設計となっている。マフラーは同社初のチタンを採用。

【PARTS SPECIFICATION】
フロントハーフスポイラー(LED付属) 6万8000円(9万8000円/11万円)
サイドステップ 11万8000円(17万6000円/18万8000円)
リアアンダースポイラー 6万8000円(10万円/12万円)
フロントグリル Type A/B ABS製=3万8000円(5万8000円) AES製=3万8000円
デイライトキット(ウインカー連動) 7万8000円(9万8000円)
リアゲートスポイラー ABS製=3万9000円(5万9000円) AES製=3万9000円
ドアミラーカバー 1万8000円(3万8000円)
LEDバックフォグランプ(G)キット 2万5000円
ステンレスピラーリフレクター 2万5000円(4ピース)
マフラー/エキゾーストシステム4本出し 12万8000円(ステンレステール)/13万6000円(チタンカラーテール)
ホイール/ジュリア・バリアン(22×9.0+38) 17万6000円
タイヤ/(245/35-22)
ローダウン/車高調=RS-R
※( )内は塗装済み/ 2トーン塗装済み価格。

問:エムズスピード 06-6745-0200
https://www.mzspeed.co.jp

スタイルワゴン2020年11月号より


[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「アナタはどっちのデザインが好み?【新型80系ハリアー】センサー対応フロントグリルでもこんなに見映えが変わる!