コンパクトSUVのエース降誕!!

TOYOTA/YARIS CROSS
トヨタ/ヤリスクロス

コンパクト人気をさらに盛り上げる、まさにエース的な存在として誕生したヤリスクロス。スタイリング、先進機能、そしてカスタマイズの可能性まで、話題のクルマを徹底解析。
トヨタ ヤリス クロス SUV カスタム 人気


ヴィッツ改め「ヤリス」のデザインをちょっと変えて、大きなタイヤを履かせて、リフトアップしたお手軽なSUVだろう。トヨタから「ヤリスのクロスオーバーSUVが出る」と聞いたときにはそんなクルマを想像していた。しかし……ビックリ! 想像は大ハズレで、実際に発表された「ヤリスクロス」はデザインもボディサイズもヤリスとは全くの別物。ヤリスという名前がついているのが不思議なくらいに別のクルマだった。

車体は全長4180mm×全幅1765mmで、ハッチバックのヤリスと比べるとホイールベースは同じながら、240mm長くて70mmワイド。全高は1590mm(一般的な機械式立体駐車場に入庫できる高さに抑えることよりもSUVらしいスタイルを取った)で、最低地上高はヤリスのFFモデルに対して25mm高い170mmだ。ヤリスよりもひとまわり大きいのである。

また、電動テールゲート(作動スピードがトヨタの従来タイプに比べて約2倍!)や電動調整式シートを設定するなど、ヤリスに比べて装備も上級化がはかられているのも特徴。ヤリスに対して単にSUV化したというよりは、より上級なポジションとしているのだ。

そんなヤリスクロスの立ち位置は、トヨタのSUVラインアップで見るとわかりやすい。もっともコンパクトなのは全長4mを切る「ライズ」で、ヤリスクロスはその上。さらに大きいのは「C-HR」で、「RAV4」や「ハリアー」はさらに上級となる。ただし、クーペスタイルのC-HRに比べるとヤリスは実用性重視のパッケージングで、後席居住性はヤリスクロスのほうが上。荷室も容量はほぼ同じだが、アレンジなど使い勝手はヤリスクロスのほうが上手なのも興味深い。

ライバルは、日産「キックス」やホンダ「ヴェゼル」など(車体サイズはヤリスが最も小さい)。どれも居住性や荷室などユーティリティを重視したコンパクトで実力の高いクロスオーバーSUVたちだ。

プラットフォームをはじめとするメカニズムは基本的にハッチバックのヤリスに準じている。しかしエンジンは、ヤリスに用意する1.0Lがなく1.5Lのみ。通常のガソリン車と、モーターを加えたハイブリッドをラインアップしている。走りは、ハンドリングにも動力性能にも驚きがあった。操縦安定性は、背の高さを感じない自然な挙動が好印象。ハンドルを切った量に応じて素直に曲がることと、旋回中でも直進でも微小な修正舵が少ないことに感激した。そのうえで、車体は上下のブレが少なくフラット感が高いことに驚いた。

ドライバーは視線のブレが少なく、同乗者は乗り心地が良くて快適。コンパクトカーとは思えないほど移動が疲れにくいことを実感できた。

動力性能でのサプライズは、アクセル操作に対する反応の良さ。特にハイブリッドは「これまでのトヨタハイブリッドの反応の悪さは一体何だったの?」というくらいリニアに加速してくれるようになっていてこれまたびっくり。しかもモーターアシストによりガソリン車以上に加速感があるから、日常のドライバビリティ重視ならハイブリッドを選びたいと思える。気になる燃費は、ちょっと配慮して走ると30km/Lに届きそう。なんというエネルギー効率の良さなのだろうか。

駆動方式はFFを基本としつつ、ガソリン車もハイブリッドも4WDを選択可能だ。ただしシステムは異なり、ガソリン車は電子制御によって後輪へトルクを配分するメカ式。ハイブリッドは後輪をモーターだけで駆動する電気式だ。いずれもトヨタのコンパクトSUVとしてははじめて、滑りやすい路面での空転を防ぐ電子制御デバイスを搭載。

その効果を特設コースで試してみたところ、ノーマル制御では空転してしまう状況でも、モードを切り替えることでしっかりと前へ進むことを確認できた。駆動力、4WD、そしてブレーキ制御を統合して空転防止制御に切り替えるからだ。実際のシーンでは、雪道におけるスタックからの脱出に力を発揮するだろう。

【EXTERIOR/外観】
立体的造形と滑らかなボディラインで構成

「【トヨタ・ヤリスクロス】見た目はオシャレでアクティブ、走りはタフでダイナミック!改めてヤリスクロスってどんなクルマ!?実車を使って徹底チェック!」の1枚めの画像


ヤリスに比べて、全長240mm拡大
ヤリスのデザインをブラッシュアップしてSUV化されたヤリスクロス。イメージとしては後部座席から後ろが伸び、後方がボリュームアップされた感じ。SUVらしいオーバーフェンダーの採用などアクティブで洗練されたプロポーション。

全長 4180mm
全幅 1765mm
全高 1590mm
ホイールベース 2560mm

ヘッドライト&デイランプ

「【トヨタ・ヤリスクロス】見た目はオシャレでアクティブ、走りはタフでダイナミック!改めてヤリスクロスってどんなクルマ!?実車を使って徹底チェック!」の1枚めの画像


上級グレードとなるZはプロジェクター式フルLEDヘッドライトを採用。インナーブラックアウトで精悍な印象を高めている。全車標準となるLEDデイタイムランプはウインカーランプとの切り替え式となっている。

タイヤ&ホイール

上級グレードのZには切削光輝仕上げの18インチホイールが装備される。オーバーフェンダーとの相性も抜群で、安定感のある足元を作り出す。20インチも余裕で履きこなせそう。
グレード ホイールサイズ タイヤサイズ ホール数 P.C.D
ハイブリッドZ/Z 18×7.5J+50 215/50R18 5 114.3
ハイブリッドG/ハイブリッドX/G/X 16×6.5J+45 205/65R16 5 114.3

ENGINE & POWER UNIT
全モデルに4WDを設定

「【トヨタ・ヤリスクロス】見た目はオシャレでアクティブ、走りはタフでダイナミック!改めてヤリスクロスってどんなクルマ!?実車を使って徹底チェック!」の1枚めの画像1.5Lハイブリッド


エンジンは1.5Lガソリンと1.5Lハイブリッドの2モデルが用意されている。燃費性能でハイブリッドが有利なのは当然だが、気を使いながら走行すれば30km/Lに達しそうなほど。それぞれの価格差は約40万円となっている。

「【トヨタ・ヤリスクロス】見た目はオシャレでアクティブ、走りはタフでダイナミック!改めてヤリスクロスってどんなクルマ!?実車を使って徹底チェック!」の1枚めの画像


4WD性能を体感するために設けられたモーグルコース。右前、左後のタイヤが浮いたスタック状態でも、シフトセレクトレバー付近にあるダイヤルスイッチをハイブリッドならTRAILモード、ガソリン車であればROCK&DIRTモードに切り替えると、駆動力配分が変更され楽々脱出。

INTERIOR/内装
クラス初搭載の便利機能が随所に!!

運転席まわりの造形は基本的にヤリスと同一。上級グレードとなるZは、ステアリングやシフトノブが本革巻き仕様となっており高級感ある空気感を打ち出している。G/Zの内装色はブラック単色。


合成皮革+ツイード調ファブリックでコーディネイトされる前後シート。後席は4:2:4分割仕様となっており、センターアームレストにはカップホルダーも備えている。

超尺物も積載可能なラゲッジ

「【トヨタ・ヤリスクロス】見た目はオシャレでアクティブ、走りはタフでダイナミック!改めてヤリスクロスってどんなクルマ!?実車を使って徹底チェック!」の1枚めの画像


ヤリスに比べ積載性が大きく増したラゲッジ。リアシートをすべて倒せば自転車2台が積めるほどの広さを誇り、リアシートの真ん中だけを倒せば4名乗車で長尺物もつめる。多彩なシートアレンジができる。

「【トヨタ・ヤリスクロス】見た目はオシャレでアクティブ、走りはタフでダイナミック!改めてヤリスクロスってどんなクルマ!?実車を使って徹底チェック!」の1枚めの画像


トヨタのコンパクトクラスでは初となるハンズフリーバックドア。足をバンパー下へ差し込むだけでリアゲートが自動開閉。停止位置のメモリー機能なども搭載している。

「【トヨタ・ヤリスクロス】見た目はオシャレでアクティブ、走りはタフでダイナミック!改めてヤリスクロスってどんなクルマ!?実車を使って徹底チェック!」の1枚めの画像オプティトロンメーター_ハイブリッドZ


グレードによって異なるメーター。オプティトロンメーターが標準となるZには、オプションでヘッドアップディスプレイを追加することもできる。

荷物整理に便利なフレックスベルト

レジャー用に嬉しい荷室用フックが標準装備されている。ラゲッジに積んだ荷物が動かないようにしっかり固定できるフレックスベルト(3600円)をメーカーオプションで用意している。ぜひ入手したいアイテムのひとつだ。

スタイルワゴン2020年11月号より


[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【トヨタ・ヤリスクロス】見た目はオシャレでアクティブ、走りはタフでダイナミック!改めてヤリスクロスってどんなクルマ!?実車を使って徹底チェック!