そこから先はユーザー次第

WIN’S WORKS

遊びのベースを提案。コンパクトだが可能性は無限

新規格ジムニーになってから、ジムニーの楽しみ方が徐々に変わってきた。

JB23で、居住性を確保、JB64になってスタイリングや、動力性能が一般ユーザーにも認められ、クロカン四駆と言うカテゴリーからレジャービークルと言うカテゴリーで一般に認知されつつある。

そうなると、様々なアクティビティでの使用を考慮した事例が必要。

実際にJB64をアクティビティのパートナーとして使う場合、最も問題になってくるのが積載量だ。

乗車定員マックスでどこかに遊びに行こうとすると、荷物が全く積めなくなる。さらに、遊び道具を持って、宿泊となるとかなり厳しい。

ルーフラックなどを積み、多少積載量を増やしたところで、焼け石に水だ。

そんな問題にいち早く気付き、対策してきたのがウインズワークス。

グリッターカーゴトレーラー。

それがウインズワークスの答え。

小型の多機能トレーラーだ。

このトレーラーが優れているのは、よくある編み板タイプではなく、プレートを使用した高剛性の立体ボックスをベースにしていること。

アクスルにはジムニーと同じ5Hのハブを持ち許容荷重は充分。

ラフに放り込むことのできるカーゴスペースに高さ調整可能なデッキを持つ。

このデッキはかなり丈夫でデッキの上にテントを張ることも可能。

本体サイドには小型の収納ケース。

そして、今話題のロトパックスを装着できる。大きな荷物を入れるときにはカーゴボックスの後方に大きな開口部があり、そこから入れることができる。

当然のようにこのグリッターカーゴトレーラーは法規基準に適合し、ナンバーを取得することができる。

高速道路も走行可能だ。

オートキャンプ的な就寝スペースを備えたキャンピングトレーラーは、高額で大掛かりすぎる。

しかし、このグリッターカーゴトレーラーは、かなりコンパクト。

就寝スペースはデッキ上のテントに確保。

気軽に友人とアクティビティに参加する際、室内空間を道具にスポイルされることがない。

さらに、このトレーラーのハブはジムニーと共通。

アルミホイールに同じものを装着し、コーディネイトすることもできる。

これひとつでかなり遊びの幅が広がる。

グリッターカーゴトレーラーは、手に入れる事で完結するのではない。

手に入れてから、オーナーの創造力、行動力で可能性を広げる手伝いをするアイテムなのだ。

コンパクトでも収納力十分。可能性はアイデア次第だ

かなりゆったりとしたテントをトレーラーの上に張ることが出来る。
地面を気にしなくていいので、かなり嬉しい。
就寝スペースと荷物を置いておく場所が区別できるため、遊びに集中できるのだ。

GRIDDER Cargo Trailer

SPECIFICATION
●カーゴトレーラー 50万円(予価)
●サイドストレージボックス 3万8000円(予価)
●サーフテントキット 15万円(予価)

不思議な形だが、利便性はかなり考えられている

一見すると利便性が想像できないが、実際に荷台の中を見て、説明を聞くとかなり使い勝手が良さそうだ。
簡易的な防水機能を備えているので、防水ザック的なものにツールを入れさえすればかなりの防水機能を発揮する。
かなり考えられた作りと言って過言ではない。
キャンプなどのアウトドアではかなり良い感じで使えそうなのだ。

トレーラーの上部デッキを少し上げておくことで、後方視界がかなり確保
できる。
この状態がスタンダードスタイルだ。


トレーラー後部が大きな開口部で開く。
かなり重量のある荷物でも、ここを使えば利便性はかなり良い。

トレーラーのサイドには、牽引ロープなどのツールを収納できるトレーを備える。
鍵付きなのが嬉しい。

今、注目のロトパックスを装着可能。
水やツールボックスなど、様々なユニットをアタッチメント的に選べる。

自立装置付きのレシーバー。
簡単脱着の汎用システムなのだ。
作りはかなり強固で、信頼できる。

ジムニー側にも連結装置が必要。
灯火類系の配線カプラーも当然製作。
リアバンパーも何気にお洒落だ。

ユニット最大の目玉は便利でお手軽なルーフオンテント

ルーフオンテントは、天候にかかわらず張るのは簡単で、地面の影響を全く受けない。
テント泊の面倒くさい部分は、地面のコンディションと張る時と収納する際の状態。
雨天時などはかなり面倒なのだが、このルーフオンテントはかなり手間が省け、遊びに集中することが出来る。
一度使うとやめられなくなるだろう。


ルーフオンテントをフルで使用する。
テント利用時にはラダーを用いて就寝スペースに乗り込む作り。

天板デッキは高さを自由に変えることが出来る。
ここをうまく使えば、長物の収納も可能となる。

ジムニーのチューニングも進化中だ

オイルキャッチタンク、アーシングケーブルなど、JB23で定番となっていたウィンズワークス定番の商品は、JB64でも健在だ。
装着位置もスッキリ、まるで純正のようなフィッティングとなっている。

Hellaホーン、リアラダー、メーター取り付けユニットなど、他社に先駆けて近日中販売予定だ。

SPECIFICATION
●リアラダー 3万6000円
●ルーフキャリア 試作品
●サイドドアバイザー 7000円
●Hellaシャープツイントーンホーンセット 7000円
●MTWリアボックスバンパー 試作品
●ヒッチメンバー 価格未定
●ダイレクトアースキット 1万2000円
●SUSオイルキャッチタンク 試作品
●カントリーサスペンションキット 12万2000円
●シングルメーターカウル 1万3000円

問ウインズワークス 岐阜県可児市土田2456  0574-24-1700 http://www.winsworks.net

Vol.244 スズキ ・ ジムニー&ジムニーシエラ No.7(2020/6/30)より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「グリッターカーゴトレーラー!〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉RVとしてジムニーの進化可能性を広げるアイテム|WIN’S WORKS