みなさんこんにちは。ドイツは12月半ばからロックダウンが強化され、前例にないほど静かなクリスマスシーズンを迎えています。私的な集まりはかなり制限されているものの、プレゼントの交換だけでもやろう!と考える家族は多く、配送をする宅配便のドライバーたちは忙しそうに街中を駆け回っています。



忙しいといえば、医療施設関係者や生活必需品を売るスーパーや薬局の店員たち、そして公的機関に努める公務員も同様です。VDA(ドイツ自動車工業会)の上層部にとっても、2020年後半はかなり慌ただしかったに違いありません。2020年秋に行われたEUの新しい排気ガス規制についての話し合いでも、VDAと政府の間で激しい意見の応酬が見られました。

ドイツでは一体いつまで、ガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車が販売できるのでしょうか?そして、PHV(プラグインハイブリッド車)を含め、内燃機関を搭載したクルマが公道の走行を完...【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事