筆者には10年来の友人がいます。いつも自然体で接してくれるあたたかい友人です。

ハッスルジェットさん(ハンドルネーム)と久々に会ったのは、2020年暮れのことでした。

知り合った当時は日産 スカイラインGT-R(BCNR33)が愛車でしたが、いつのまにかBMW Z3(E-CH19)に乗り換えていました。『エストリルブルー』のボディが鮮やかなこの個体は1.9前期型の最終モデルであり、BMWジャパンによって台数限定で販売されたモデルでもあります。筆者は、このZ3との馴れ初めを尋ねてみました。

「GT-Rを手放したあと、中古車サイトをチェックしていて見つけたんです。1999年式なのに、走行距離がわずか1万5000キロでフルノーマル。しかも法人ワンオーナーでディーラー物。価格は相場の2倍超えでした。こんな個体は二度と出ないことを確信したので即決しました。さらにクラッチ、後期フロントバンパー、新品ナビなどを装着していたら、結局は相場の3倍出費する羽目になってしまいました(笑)。2014年7月から乗っているので、早いもので7年が経ちますね」

クルマを眺めながらしばし雑談。相場以上の個体を即決で手に入れたことに『アガリの1台』の...【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事