バスツアーに参加される際は、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえてご検討ください。
ツアー会社では車内換気などの感染対策を実施し、ツアー参加者へのマスク着用やアルコール消毒などの呼びかけがなされています。

感染対策への取り組みやキャンセル方法については、以下もご覧ください。
1人2席利用可でのびのび乗車できるツアーもあり! バスツアーの新型コロナウイルス感染予防対策まとめ
バスツアーをキャンセルしたいときの手続き方法とキャンセル料金まとめ

目次


水面に浮かぶ「水中華」は絶景写真スポット! 雨引観音(茨城県)

あじさい鑑賞ができる関東発バスツアーの中で、ツアー数が多いのが茨城県「雨引観音(あまびきかんのん)」へ行くバスツアーです。

雨引観音のあじさいの見頃は例年6月上旬~7月中旬で、毎年6月10日~7月20日の期間はあじさい祭が開催されます。水面に浮かぶ「水中華」はまさに絶景! 色鮮やかなあじさいを撮影しに多くの人が訪れます。

3748799_m.jpg
3687128_m.jpg

境内に自生するヤマアジサイ・コアアジサイ・タマアジサイ・ツルアジサイ・ノリウツギの他、100種5,000株ものあじさいが栽培されています。雨引山で命名された新品種の「雨引の聖」というあじさいもありますよ。

バスツアーで行ける周辺スポット

茨城県内のバスツアーでは、以下のようなスポットで観光や買い物も楽しめます。

かねふくめんたいパーク大洗
明太子の老舗かねふくが運営する明太子専門のテーマパークです。工場で明太子の製造工程を見学でき、工場直売店で出来立て明太子の買い物もできますよ。

鉾田でメロン食べ放題
鉾田メロンの食べ放題ができるバスツアーもあります! なかなか体験する機会がないメロンの食べ放題が30分間堪能できます。1玉お持ち帰りのサービスがある場合も。

潮来あやめ園
あじさいが見頃の時期には、あやめも鑑賞できます(例年5月下旬~6月下旬)。500種100万株のアヤメがきれいに咲き誇ります。

いばらきフラワーパーク
2021年春にリニューアルオープンしたばかりのいばらきフラワーパークで花鑑賞を楽しめます。自由散策の時間が取られ、ボタニカルカード作りの体験ができるバスツアーもあります。

雨引観音へ行くバスツアー


一歩足を踏み入れればあじさいの世界! 服部農園あじさい屋敷(千葉県)

あじさい鑑賞ができる関東発バスツアーの中では、千葉県の「服部農園あじさい屋敷」へ行くバスツアーも人気です。農園内では山の斜面を利用し、ピンクや白、青に紫などカラフルな10,000株以上のあじさいが、6月上旬~7月上旬にかけて咲き誇ります。

1654948_s.jpg
1654731_s.jpg

長屋門風の入り口から園内へ一歩足を踏み入れれば、そこはもうあじさいの世界! 丘の斜面を登りながら、また、頂上から、様々な見どころからあじさいの花を眺められます。

売店では、あじさいの苗や土産物などを販売しています。なお、雨天や雨あがりの日は、足元がぬかるみやすいので履物に注意してくださいね。

バスツアーで行ける周辺スポット

千葉県内に行くバスツアーでは、以下のようなスポットで観光や買い物も楽しめます。

三井アウトレットパーク木更津
広大な敷地内に270店舗以上が出店する、首都圏最大規模のアウトレットモールです。国内初出店のブランドや旗艦店が多く、見ているだけでも充分楽しめます。

千葉フォルニア(車窓)
袖ケ浦海浜公園付近の直線道路約1キロに100本近くのヤシの木が並びます。その風景はまるでカリフォルニアのようです。車だと2~3分で通過してしまうので、お見逃しなく!

服部農園あじさい屋敷へ行くバスツアー


鎌倉のあじさい寺こと明月院(神奈川県・鎌倉)

関東発のあじさい鑑賞バスツアーでは、鎌倉のあじさい寺こと「明月院」も人気です。明月院のあじさいの見頃は例年6月10日頃~下旬にかけて。

鮮やかな青色の「姫あじさい」を中心に、約2,500株のあじさいが参道を埋め尽くすかのように咲きます。境内を青一色に染める最盛期は、まるであじさいの海のよう!

485903_s.jpg
462090_s.jpg

一般的なあじさいよりも花房が小さく、日ごとに色味を増す姫あじさいの花色は「明月院ブルー」とも呼ばれ、日本人はもとより外国人観光客からも人気のスポットです。山門下の正面参道のほか渓谷道や中参道など、境内のあちこちを散策して愛でてくださいね。

バスツアーで行ける周辺スポット

鎌倉へ行くバスツアーでは、名所・旧跡にも立ち寄ります。

鶴岡八幡宮
鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝ゆかりの神社です。鎌倉武士の守護神で勝負運や出世運にご利益があります。八幡神のお使いである鳩の形をした根付け入りの鳩みくじがcute!

報国寺
約2,000本の孟宗竹林が本堂裏手にあることから「竹の寺」と呼ばれています。初夏にはあじさいが咲き、竹との情緒あるコラボが楽しめると人気です。 

明月院へ行くバスツアー


「あじさい列車」の愛称で呼ばれる箱根登山鉄道(神奈川県・箱根)

関東発のあじさい鑑賞バスツアーでは、箱根のあじさいスポットを巡るコースも人気です。標高の高い箱根では、平地よりも少し遅く6月中旬ごろから見頃を迎えます。

3338254_s.jpg

なかでも「箱根登山鉄道」は、標高差のある沿線に多くのあじさいが植えられており、あじさいシーズン中は特に「あじさい列車」の愛称で呼ばれるほど。麓から順に見頃を迎え、6月中旬~7月下旬まで沿線全体を鮮やかなあじさいが彩ります。

箱根湯本駅から強羅駅までの乗車時間は約40分間。箱根の山をゆっくりと登る電車の窓から、のんびりとあじさいの花が楽しめると好評です。

バスツアーで行ける周辺スポット

箱根へ行くバスツアーでは、観光や買い物も楽しめます。

大涌谷
箱根火山の噴火によって作られた爆裂火口跡で、今なお高熱の水蒸気と硫黄を噴出しています。名物の黒たまごは1つ食べると寿命が7年延びると云われています。

ガラスの森美術館
広々とした園内にヴェネチアングラス美術館や現代ガラス美術館、カフェレストランなどがあります。あじさい庭園も人気で、早咲き品種~中咲き・遅咲きと次々に開花(例年6月中旬~7月下旬)。
直径1.4cm・約15,000粒のクリスタルガラスから作られたあじさい「オルテンシア」は同館オリジナルです。光を浴びて七色に煌めくその美しさにうっとり。

箱根ラリック美術館
繊細で優美な香水瓶やジュエリー、ガラス工芸品など、女性たちの心を魅了し続けているルネ・ラリックの作品を230点以上展示しています。小物や服飾品などが並ぶショップも充実。

箱根登山鉄道に乗るバスツアー


ハート型のあじさいが咲く大原三千院(京都府)

関西方面のあじさい鑑賞バスツアーには、京都郊外の「大原三千院」へのコースがあります。

3682503_s.jpg
3682280_s.jpg

三千院のあじさいは、境内から奥まった金色不動堂の手前にある「あじさい苑」で見られます。苑内には約50品種・1,000株ものあじさいが咲き、見頃は6月中旬~7月中旬まで。ヤマアジサイやガクアジサイのほか、珍しい星あじさいの「七段花」やハート型に咲くあじさいなど、見る者の目を飽きさせません。

しっとりと苔むした苑内は和の情緒たっぷり。都会の喧騒から離れ落ち着いた雰囲気のなか、苑内をゆっくりと散策しながらあじさい鑑賞が楽しめます。

バスツアーで行ける周辺スポット

大原地区へ行くバスツアーでは、以下のような観光や買い物なども楽しめます。

散策コース
大原のバス停を中心に、4つの散策コース(春の道・響の道・花の道・風の道)が設定されています。赤しそ畑を一望するなら風の道にある小高い丘がおススメ。

赤しそ畑
「しば漬け発祥の地」である大原では、赤しその葉が色づく6月から7月にかけて紫色に染まる里山風景を見られます。赤しそ畑周辺や三千院付近では「しそソフトクリーム」をご賞味あれ。

寂光院
寂光院は三千院とならぶ大原地区の代表的な寺院です。「平家物語」ゆかりの寺院で、建礼門院徳子の墓所とされる大原西陵があります。客殿では抹茶がいただけます(別途有料)。

大原三千院へ行くバスツアー


あじさい鑑賞スポットの多くは、路線バスの本数が少ない郊外にあります。そのため公共交通機関で行くより、バスツアーを利用する方が断然便利! 気になる周辺スポットへ立ち寄るコースを選べば、お得感満載です。

また、「出発日が曇り空」だとがっかりしてしまいがちですが、あじさいの場合はそうでもありません。写真撮影の際、あじさいの花は晴天だと花びらに光が反射してしまい、見た目通りに写せないことがあります。そのため、少しくらい曇天の方がかえってキレイに撮れるんですよ

なお、あじさい鑑賞スポットでは起伏のあるところや湿った場所を歩くことが多いので、スニーカー履きがおススメです。車内では、持参したスリッパと汚れた靴を履き替えると快適に過ごせそう。

今年の初夏は、あじさい鑑賞バスツアーで充実したひとときを!

(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 曇り空だからこそ行くべき、あじさいの名所5選! 関東・関西発バスツアーで行けるスポット&周辺の観光地