もうすぐ6月。梅雨になると、カラッと晴れる日が少なくなり、どんよりとした空が広がるので朝からカーテンを開けた瞬間、ちょっぴり憂鬱な気分になるものですよね。
でもモチベーションをあげるような便利なアイテムがそばにあればジメジメした雨の日でもきっと笑顔で乗り切れるはず。こちらでは梅雨シーズン中、バッグに忍ばせたいおすすめのレインアイテムを定番から意外と知られていないものまで3種類ラインナップしてみました!

思い通りにならない梅雨の時期…どうせなら思い切り快適に過ごしてみませんか?

思い通りにならない梅雨の時期…どうせなら思い切り快適に過ごしてみませんか?


コンパクトだから携帯に便利!定番のレインアイテム『折りたたみ傘』

雨の日のマストアイテムといえば傘は基本中の基本ですよね。しかし濡れた傘を持ち歩くのは何かと煩わしいもの。重たい荷物を持っていたり、ショッピング後に両手が塞がっている時は尚更…。
出来るだけ身軽な状態でお出かけしたい方は折りたたみ傘を常備しておくと良いでしょう。
折りたたみ傘はコンパクトでバッグに入れても嵩張りにくいため、通常の傘を持ち運ぶよりもストレスなくお出かけすることができます。特に最近の折りたたみ傘は自動開閉できるワンタッチ式のものや耐久性に優れたものまで昔より機能性が高い製品が増えているようです。
また、折りたたみ傘をバッグに入れておく習慣を身につければ 雨が急に降り出した時も急遽ビニール傘を買う必要がないため、無駄な出費を防ぐことに繋がります。

かわいいデザインの折りたたみ傘で気分もUP

かわいいデザインの折りたたみ傘で気分もUP


長靴無しでも安心。『シューズカバー』

雨が降ると気になるのはやっぱり足元。長靴を履いていれば完璧なのですが、雨が上がった後に長靴のまま歩くのはなんだか恥ずかしいと感じる方も少なからずいるのではないでしょうか?
そんな時におすすめなのが靴を履いた上からサッと被せるだけで足元を雨からガードできる『シューズカバー』です。シューズカバーは脱ぎ履きしやすく、長靴よりも気軽に使えて水の侵入や泥跳ねをしっかり防いでくれます。
市販のシューズカバーにはショート丈〜膝下までカバーできるロング丈までさまざまな長さの商品が用意されているため、スニーカーやパンプスを履く時にはショート丈、ブーツなどにはロング丈と言ったようにその日履く靴の形に合わせて使い分けるようにしましょう。
また、素材についても防風用・防寒用など用途によって異なりますので雨の日に着用するシューズカバーを選ぶ際は完全防水仕様のものを購入することをおすすめします。特にシリコン素材のシューズカバーは水に強く、乾きやすいためお手入れも簡単です。

【参照】SAKIDORI

おしゃれは足元から!シューズカバーを活用して大切な靴を雨や泥跳ねから守ろう。

おしゃれは足元から!シューズカバーを活用して大切な靴を雨や泥跳ねから守ろう。


小雨が降りそうな時にちょうど良い♪『防水スプレー』

傘をさすまでもない程度の小雨だけど洋服や大切な書類が入っているバッグは極力濡らしたくない…このような状況に備えて防水スプレーを用意してみてはいかがでしょうか?
防水スプレーは吹き付けた部分にシリコンやフッ素の膜ができ、水分を撥水させて衣類に染み込ませないようにしてくれる優れもの!お気に入りの洋服やバッグ、水に弱いニットなどにあらかじめ吹きかけておけば安心して外出しやすいです。
また、もともと撥水性がある傘やレインコートは使う毎に少しずつ効果が薄れてくるので、長持ちさせたい場合は防水スプレーを使うことで撥水性を高めることができます。
防水スプレー(※フッ素系の製品)は水分だけでなく油を弾く作用がある点も嬉しいポイントの一つ。料理中や食事中につきやすい油染みを防ぐのに大変便利ですよ♪
【参照】
イエコレクション
おすすめexcite
マイナビおすすめナビ

シュッとひと吹きで気軽に雨対策!

シュッとひと吹きで気軽に雨対策!

天気が不安定な梅雨シーズン。
今回ご紹介したアイテムを持ち歩くことで急な雨でも快適に過ごすことができますので是非参考にしてみてくださいね。

梅雨のお守り的存在、てるてる坊主

梅雨のお守り的存在、てるてる坊主