4月26日は海上自衛隊の日。海上自衛隊の日は1952年4月26日に海上自衛隊の前身である『海上警備隊』が創設されたことにちなみ、今から8年前の2013年4月26日に海上自衛隊の伝統と歴史を考える日として定められたと言われています。
そして海上自衛隊員の元気の源となっているのがお肉と野菜をバランスよくチャージできる『カレー』!インド発祥のカレーは幕末イギリスを経て日本に伝わり、海上自衛隊では曜日感覚を忘れないために週末になると必ずカレーを食べる習慣が定着しているんだとか。
カレーは我々日本人にとってソウルフードともいえる国民食ですよね。しかし、コスパが良いため作りすぎて余らせてしまった…なんて事ありませんか?こちらでは余ったカレーを"華麗"に大変身させるおすすめのリメイクレシピを3種類ピックアップします。
【参照】
防衛省 自衛隊

リメイクレシピで余ったカレーを賢く消費しよう♪

リメイクレシピで余ったカレーを賢く消費しよう♪


インパクト抜群!『丸ごと食パンdeチーズカレーフォンデュ』

ついつい残しがちなパンの耳も丸ごと美味しく食べられる♪食パンを一斤丸ごと使った『チーズカレーフォンデュ』のレシピをご紹介します。簡単なのにボリューム満点でおもてなしにも最適な一品です。
〜丸ごと食パンdeチーズカレーフォンデュの作り方〜
<材料(3〜4人分)>
・食パン 一斤
・カレー 適量
・とろけるチーズ(スライスタイプ) 3枚
・牛乳 大さじ3
・乾燥パセリ 少々
<作り方>
(1)食パンの中身を包丁で四角にくり抜きます。
(2)1でくり抜いた中身は一口大に切り、トースターでこんがりと焼き色がつくまで加熱しましょう。
(3)耐熱ボウルにとろけるチーズをちぎり入れ、牛乳を加えたら電子レンジで約40〜50秒加熱し、滑らかになるまでかき混ぜます。
(4)1の食パンに熱々に温めたカレーを注ぎ入れ、カレーの上から3のチーズソースをかけます。
(5)仕上げに乾燥パセリを振りかけて完成です。2の一口大に切ったパンをピンチョス等に刺し、チーズソースとカレーに浸しながらお召し上がり下さい。

チーズとカレーは無敵の組み合わせ。

チーズとカレーは無敵の組み合わせ。


揚げずにヘルシー。『カレーライスコロッケ』

揚げ物は大変だけどライスコロッケが食べたい…そんな時に便利なのがこちらのレシピ。油を使わず、フライパンとトースターで焼き色をつけていくので後片付けをささっと簡単に済ませることができます。
〜カレーライスコロッケの作り方〜
<材料(8個分)>
・白ご飯 250g
・カレー 1人前程度
・卵 1個
・塩胡椒 少々
・パン粉 適量
<作り方>
(1)フライパンにパン粉を入れ、中火で熱したら薄いきつね色になるまで炒めていきましょう。
(2)ボウルに白ご飯・カレー・塩胡椒を加え、木べらやしゃもじを使って混ぜ合わせます。
(3)2をラップに包み、団子状に形を整えます。
(4)ラップを外した3に1のパン粉をまぶし、アルミホイルを敷いた天板に乗せます。
(5)オーブントースターで5〜6分程度加熱し、全体が温まったら完成です。

サクッとジューシー!休日のランチタイムにいかが?

サクッとジューシー!休日のランチタイムにいかが?


どこか懐かしい味わい♪『 カレークリームパスタ』

こちらのカレークリームソースはそうめんや冷凍うどんなどの麺類とも相性抜群。今回は乳製品と調味料以外加えていませんが、工夫次第で自由にアレンジを楽しめるのでベーコンやきのこなどの具材もお好みでプラスしてみて下さいね。
〜カレークリームパスタの作り方(2人前)〜
<材料A>
・パスタ 200g
・カレー お玉2杯程度
<材料B>
・生クリーム 100ml
・粉チーズ、バター 各大さじ1
・おろしにんにく(チューブ) 小さじ1
・塩胡椒、醤油  適量
<作り方>
(1)余ったカレーを鍋で温め直し、ふつふつしてきたら材料Bを全て加えます。
(2)パッケージの表記時間よりも少し短めに茹でたパスタを1に投入し、カレークリームソースをよく絡めたら完成です。

子供心を取り戻す、わんぱくなメニュー。

子供心を取り戻す、わんぱくなメニュー。

余った食べ物を処分することはお金を捨ててしまうのと同じ。フードロスの軽減と節約のためにも是非参考にしてみてくださいね。

お肉がゴロゴロ入った王道のビーフカレー!

お肉がゴロゴロ入った王道のビーフカレー!