初夏にあたる5月は気温も高くなり、日によっては汗ばむ陽気になることもあります。ただ、本格的な夏に比べると、まだまだ最低気温は低い傾向にあります。日中のぽかぽか陽気に合わせて薄着でいると、夕方以降に寒くなってしまいますので、5月の気候に適したアウターを用意するのがおすすめです。
今回は、5月に着るおすすめのアウターをや、着こなしポイントをご紹介します。


5月に着るおすすめのアウター6選

5月の気温は地域によって異なりますが、たとえば東京の場合は日中は気温が20℃を超える日が多く、25℃を超えるような日も出てくるようになりますので、厚手のアウターを着ると汗ばんでしまいます。厚みのあるアウターは見た目も重く、初夏の5月にはあまりそぐわないので、軽めのライトアウターを選ぶのがおすすめです。ここでは5月に着る6つのおすすめのアウターをご紹介します。
■1.マウンテンパーカー
カジュアルなマウンテンパーカーは、初夏におすすめしたいライトアウターの1つ。カジュアルコーデにはもちろん、ワンピースと合わせれば、甘すぎないガーリーコーデにまとめることもできます。カラーは初夏という季節に合わせて、ベージュやオフホワイト、ミントグリーンなど涼しげな色を選ぶのがおすすめです。
■2.カーディガン
手軽に体温調節できる薄手のカーディガンは、6月以降も活躍する万能アイテムです。通気性のある生地であれば、ショート丈でもロング丈でもOK。ロング丈ならお尻まで隠れるので、よりアウターに近い感じで着用できます。
■3.ノーカラーコート
首回りのすっきりしたノーカラーコートは、初夏でも涼しげに羽織れるところが魅力です。夕方以降はストールやショールを首元に巻けば、寒さを感じずに済むでしょう。大人っぽく、シックな雰囲気にまとめたいときにもおすすめのライトアウターです。
■4.ブルゾン
コートやジャケットより動きやすいブルゾンは、軽やかに活動したいときにぴったりのアウターです。丈はジャンパーと同じですが、デザインのバリエーションが豊富なので、お気に入りのコーディネートと簡単に合わせられます。色はベージュ系がおすすめですが、女性ならかわいらしいピンクのブルゾンを着ると、カジュアルコーデにガーリーなイメージをプラスできます。
■5.シャツジャケット
シャツジャケットは、シャツとジャケットのちょうど中間に位置する使い勝手の良い便利アイテム。シャツほど薄くなく、ジャケットよりラフに着られるので、抜け感のあるコーディネートにまとめたいときにぴったりです。着こなし方によって、カジュアルにもクールにも仕上がるのがシャツジャケットならではの魅力です。
■6.トレンチコート
薄手で軽やかな印象のトレンチコートは、朝晩に冷えやすい5月にもまだまだ活躍するアイテムです。ベージュのトレンチコートなら、春~初夏だけでなく、秋にも使い回せるので、コスパも抜群です。袖をまくって手首を見せればスッキリした印象になるので、晴れた日に着ていても違和感を感じないでしょう。


5月のアウター着こなしのポイント

5月にアウターを着る際に押さえておきたいポイントを2つご紹介します。
■1.暑い日と涼しい日でインナーを工夫する
5月は天気の良い日と悪い日との気温差が大きい時期です。曇りや雨、風の強い日などは、ライトアウターを着ていても肌寒く感じることがありますので、インナーは長袖のものを着用するのがおすすめです。一方、晴れて日差しが暖かい日は、地域によって最高気温が20℃を超えてくることもありますので、半袖インナーでも快適に過ごせます。出掛ける前にその日の天気や予想気温をチェックし、暑い日と涼しい日でアウターの下に着るインナーを工夫するとよいでしょう。
■2.5月のアウターはさらっと羽織るのがポイント
秋冬はアウターの前をしっかり閉めないと防寒できませんが、5月になると風にも暖かさを感じるようになるので、アウターはさらっと羽織るだけで十分です。前を開けておいた方が、全体の雰囲気も軽やかになり、初夏のイメージにぴったりです。


5月は薄手のライトアウターを羽織って出かけよう

5月は日中こそぽかぽかと暖かい陽気になりますが、日が落ちると気温が下がるため、薄着をしていると体が冷えてしまいます。特に夕方以降に帰宅する場合は、マウンテンパーカーやカーディガン、ブルゾンなど薄手のライトアウターを羽織り、上手に体温調節することを心がけましょう。また、暑い日と寒い日の気温差が大きい時期でもありますので、その日の天気や予想気温に合わせてアウターやインナーの種類を選ぶのがポイントです。
どんなアウターを着ていけばいいか悩んだら、天気予報専門メディア「tenki.jp」の服装指数コンテンツを参考にしましょう。その日の天気や予想気温に適したコーディネートを、10日間先まで公開していますので、お出かけ前の服装選びにぜひご活用ください。