春です。身の周りでは、色とりどりの花が咲き始め、小さな芽吹きや、淡い新緑の葉など、目でも楽しめる春があふれています。
今回は、四半期に1度の『小掃除』で「大掃除がとっても楽になる」方法をお伝えしたいと思います。掃除というと、苦手、嫌い、面倒などとネガティブに捉えがちな日常の作業。マメにできる人はうらやましい、と思う人も多いのではないでしょうか。なかなか時間が取れないという人も、まとめて掃除するより掃除がだんぜん楽になる『小掃除』を取り入れてみませんか。


この時期に『小掃除』をおすすめしたい訳

なぜこの時期に小掃除をおすすめしたいかというと、やはり、季節が変わってきていることが1番の理由です。冬は乾燥していて、ホコリやチリなどが舞いやすい時期。また、雨も少ないので空気中のゴミが床などの地面近くに落ちてきにくい時期になります。そして春の始まりには、多くの人が悩まされている『花粉の飛散』が。窓や車などにこれらのホコリやチリ、花粉などが、目に見えるゴミとして付着しているのを見かける機会も増えてきます。3月から4月は、『菜種梅雨(ナタネヅユ)』と呼ばれる、前線が停滞して梅雨のような、ぐずつきがちな気候となります。この春雨前線が始まると、少しずつ、芽吹きの栄養を蓄える土のように、湿度も夏へ向かって上昇し始めます。乾いたゴミよりも、少し湿度を含んで柔らかくなったゴミの方が落としやすくなっています。冬の掃除は、水温も冷たく外気温も低いので、なかなか腰が上がりませんよね。この時期の晴れた日には、湿気のバランスもちょうどよく、また体を動かすには最適の天気なので、小掃除におすすめなのです。


小掃除の仕方

年末の大仕事のひとつの『大掃除』。師走の時期、体も気持ちも忙しい中、ゆったりと掃除するというよりは、仕方なくこなしている人も多いのではないでしょうか?日本には四季があり、おおよそ四半期ごとに変化していきます。この四半期(季節)に合わせて、すべての場所を掃除する大掃除ではなく、場所や的を絞って『小掃除』をしておくと、年末の大掃除の時間短縮にも、また労力をかけずとも汚れを落としやすくなるので、とても楽になります。『小掃除』が習慣化すると、普段のお家の中のきれいさも保たれやすくなります。『大掃除』と『小掃除』で、普段のお掃除の時間も短くなるので、汚れを見つけてもサッとおしまいにすることができ、気持ちもスッキリ!手間だと感じることも少なくなるかもしれません。


この時期におすすめしたい場所

この時期におすすめしたいのは、浴室と玄関です。なぜこの場所かというと、これからの季節に関係しています。次の小掃除までにしておきたいところを考えてみるのが、小掃除の場所選びのコツ。今回は春の小掃除なので、夏前に一旦はきれいにしておきたい場所、となります。これからの時期は梅雨も含まれた季節を過ごしていきますので、カビを予防するためにも、先手を打って浴室がおすすめです。カビは、適度な湿度とタンパク質などの栄養で繁殖しやすいので、繁殖の原因となり得る汚れを落としておくのはとても有効です。この時期は乾燥も早いので、掃除後の湿気も早く取ることができます。また、玄関についても、この時期は、たくさんの花粉やホコリなどが堆積しています。花粉には油を含むものがあり、時間がたつと、こびりついて落としにくくなります。衣替え気分で、冬物の靴と一緒に小掃除をすると、心機一転、気持ちよく新年度を出発できるのではないでしょうか。


小掃除の仕方

小掃除の仕方は、普段のお掃除や、大掃除とあまり変わりはありませんが、掃除機を小掃除で利用する際は注意が必要です。その理由は、排気で一気にホコリが空気中に舞ってしまう可能性があるからです。掃除の基本は、まず、ホコリが外に出ていきやすいように、窓を開けて換気をします。この時に、2カ所以上開けておくと空気が滞留しにくいのでおすすめです。上の方からホコリを落とすように、徐々に床へ向かって高さを意識しながら進めていきます。まずは、天井部分や照明器具からスタート!ホコリが乾いている状態で、ハンディモップなどでホコリを撫で取ってしまいましょう。ホコリが濡れてしまうとこびりつき、落としにくくなりますので、乾いたホコリが取れてから、雑巾の登場です。雑巾はしっかりと水を固く絞った状態で使用しましょう。こまめに面を変え、ホコリや汚れを他の場所へ塗り広げないように注意して進めるのがコツです。最後の床部分も、まずは乾いた状態で始めて、上から落としてきたホコリを取り去りましょう。

小掃除が終われば、普段はちょこっとのお掃除でキレイが保てます。ぜひ試してみてくださいね。