冬は黒やグレー、ブラウンなど落ち着いた配色のファッションが定番ですが、春は一転してカラフルな色のアイテムがトレンド入りします。特に「春ならではのファッションを楽しみたい!」と思っている方は、思い切ってカラーパンツに挑戦してみましょう。定番のデニムパンツに比べると、カラーパンツの着こなしは難しいと思われがちですが、履き方や選び方のコツをつかめば、誰でもおしゃれに着こなすことができます。
今回は、春におすすめのカラーパンツの履き方や、選び方のコツ、注意点などをわかりやすくまとめました。


春のカラーパンツ履きこなしポイント

春のカラーパンツをおしゃれに履きこなすために押さえておきたいポイントを3つご紹介します。
■1. カラーパンツ初心者はくすみ色から取り入れるのがおすすめ
カラーパンツとは、有彩色パンツの総称ですので、色の種類や濃淡のバリエーションは非常に豊富です。ただ、原色に近いビビットカラーのパンツを履きこなすのは難易度が高いので、カラーパンツ初心者の方は、くすみがかった色合いのものをチョイスするのがおすすめです。春なら、くすみがかったピンクやイエロー、パープル、ミントグリーンなどの色が人気です。
■2. レイヤードスタイルでグラデーション効果を狙う
カラーパンツをバランス良く履きこなすには、トップスのカラーとの相性を考える必要があります。特にブルーやイエロー、パープルなどのカラーパンツは色あわせがやや難しいので、どの色とも無難に合う白やベージュのトップスに頼りがちです。
そんなときは、ニット×白色のTシャツなどのレイヤードスタイルを取り入れてみましょう。トップスとカラーパンツの間に切り替えの白色インナーをはさめば、自然なグラデーションになり、全体のバランスがまとまりやすくなります。
■3. カラーパンツの色によってコーディネートのコンセプトを変える
カラーパンツを色で大別すると、黒やネイビー、カーキといったベーシックカラーのパンツと、イエローやグリーン、ブルーといったカラフルなパンツの2種類があります。
前者はどんな色・素材とも合わせやすいので、他のファッションアイテムを主役にしコーディネートにすると、トップスやファッション小物の魅力を引き立てることができます。一方、後者はカラーパンツそのものを主役に据えたコーディネートを目指すのがポイントです。カラフルなパンツは単体でも人目を惹くので、他のファッションアイテムはおとなしめを意識するとバランス良くまとまります。


春にぴったりなカラーパンツの種類

カラーパンツにはさまざまな種類がありますが、ここでは春にぴったりのカラーパンツを3つご紹介します。
■1. センタープレスのカラーパンツ
大人っぽく上品なコーディネートにまとめたい場合は、センタープレスのカラーパンツを履くのがおすすめです。ざっくりニットやパーカーなどと合わせてもカジュアルになりすぎず、きれいめスタイルを演出できます。バッグや靴もシックなデザインのものを選ぶと、上品さがよりアップします。
■2. ワイドパンツ
ボリュームのあるワイドパンツは、くすみ色との相性が良く、カラーパンツの中でも定番のスタイルです。生地の種類や色合いを変えれば、フェミニンにもカジュアルにも着こなせるので、春の着回しにひとつは持っておきたいアイテムです。
■3. スキニーパンツ
シルエットがきれいなスキニーパンツは、春らしいふんわりとしたトップスとの相性抜群のアイテムです。ワイドパンツに比べると表面積が少ないので、濃いめのカラーパンツも気軽に履きこなせるところが特徴です。カラーパンツ初心者の方は、オーバーサイズのトップスと合わせて、見える面積を少なくしてもよいでしょう。


カラーパンツを履くときの注意点

春にカラーパンツを履く際、特に気を付けておきたいポイントを2つご紹介します。
■1. 「ぼんやり」コーデに注意!
くすみ色のカラーパンツは初心者でもチャレンジしやすいアイテムですが、同じような淡色系のトップスと合わせると、全体のシルエットがぼやけてしまいます。くすみ色のカラーパンツを履くときは、トップスやアウター、ファッション小物などのいずれかを濃色系にして、スタイルにメリハリをつけましょう。
■2. カラーパンツは脚に注目が集まりやすい
色鮮やかなカラーパンツはとても目立つので、まわりの人の視線も自然と脚に集中しがちです。脚の長さが気になるという方は、くすみ色やベーシックカラーのパンツを選ぶか、ハイウエストやセンタープレスなど脚長効果を期待できるパンツを選びましょう。


カラーパンツで春らしいコーディネートを楽しもう

カラフルなカラーパンツは、景色が色づき始める春にぴったりのファッションアイテムです。デニムパンツに比べるとハードルが高いイメージがありますが、くすみ色を選ぶ、重ね着によるグラデーション効果を意識するなど、履きこなしのコツを押さえれば、誰でもおしゃれにコーディネートすることが可能です。パンツの素材やデザインを変えれば、気温の低い日から高い日まで幅広く活用できますので、その日の天気や気温に合わせてカラーパンツをコーディネートに取り入れてみましょう。
天気予報専門メディア「tenki.jp」では、天気や予想気温だけでなく、最適な服装を提案する「服装指数」も公開しています。ぜひ毎日の服装選びの参考にしてみてください。