新しい年が始まりました。天文現象では、昨年末に起った木星と土星の超大接近の余韻が残っていますが、今月も注目したい一期一会の星空のイベントがあります。木星と土星は1月で一旦見納めとなり、火星は引き続き見頃が続いています。下旬になると日没後の西の低い空に水星が姿を現します。今回は、日没後の幻想的な3惑星の競演と、3つの赤い星が並ぶ珍しい星空についてご紹介します。


外惑星の「合」と「衝」とは。地球から見ることができるのはどっち?

2020年12月に約400年ぶりとなる大接近で注目を集めた木星と土星。1月に入ってからは高度が下がり、宵の低空で上下に並んでいます。1月24日に土星、29日に木星が、地球から見て太陽と同じ方向に来る「合(ごう、conjunction)」となり、一旦目にすることができなくなります。合になる時、地球は太陽の光に照らされており、昼間にあたります。そのため、土星も木星も見ることができないのですね。再び姿を現すのは、2月下旬頃の夜明け前の空です。
合に対して、木星や土星などの外惑星が太陽の反対側に来る時を「衝(しょう、opposition)」といい、地球では夜にあたります。この時期、外惑星は最も地球に接近して明るくなり、ほぼ一晩中見ることができます。衝となるのは、土星が8月2日、木星が8月20日で、7月頃から9月頃までが見頃となります。特に木星はマイナス2.8等からマイナス2.9等の明るさになり、美しい姿を見せてくれるでしょう。


木星、土星と水星。黄昏時の「3惑星」の大接近

1月上旬から中旬頃、夕方の西南西の低空で、木星、土星、水星が並ぶ姿を見ることができます。最接近は1月10日頃で、この日は木星を頂点に右下に土星、左下に水星と、小さな三角形を描きます。日の入り30分後、まずはいちばん明るい木星を見つけましょう。非常に低空での現象となるので、空が開けた場所で観察することがポイントです。
昨年から注目を集めてきた木星と土星は、1月下旬には地平線の下へと姿を隠します。ラストを飾る水星との競演を楽しみたいですね。水星は太陽に近いため、見ることが難しい惑星。今回は水星を観測するチャンスでもあります。水星は24日に最も高い位置までのぼるため、観測しやすい時期となります。


「3つの赤い星」が夜空を彩る。1月21日は上弦の月も

昨年10月、地球に最接近した火星。その時はマイナス2.6等という明るさでしたが、今月には約0等となりやや穏やかな明るさに変化しています。日の入りから1時間後には南の空高くに赤く輝く火星が見え、同時にオリオン座のベテルギウス、おうし座のアルデバランと、3つの赤い星が並びます。
火星が赤く見えるのは、地表に酸化鉄(赤さび)が大量に含まれているため。太陽の光を地表が反射して赤く光って見えるのですね。ベテルギウスとアルデバランは太陽のように自ら光を発する恒星で、赤い色は赤色巨星と呼ばれる晩年の星の輝きです。ベテルギウスは赤色超巨星に分類され、巨星のなかでも最晩年の星とされています。このふたつの星は、全天に21個ある1等星の代表的な星。火星とほぼ同じくらいの明るさで、冬の夜空に赤く輝いています。
左から、南東にオリオン座のベテルギウス、その右上にアルデバラン、さらに右に目を移すと火星。3つの星が大きく弧を描くように並び、21日には火星のすぐ下に上弦の月が美しく光ります。月と惑星の接近は珍しい現象ではありませんが、変化する月の姿や星との位置、空の色などは一期一会の光景です。今年もその時しかない、日々の星空を楽しみたいですね。

参考サイト
アストロアーツ
国立天文台