11日(金)も、広い範囲で季節先取りの暑さ。熱中症対策を。西からは雨雲が接近。九州では激しい雨の所があり、中国・四国も天気が下り坂に。

●各地の天気 広く晴れるが 西から雨雲近づく

きょう11日(金)も、日本付近は高気圧に覆われます。ただ、この高気圧の中心が、次第に東へ移るため、西日本には湿った空気が流れ込んできます。
【各地の天気(西から)】
沖縄は雲の間からときおり日が差しますが、所々でにわか雨があるでしょう。
九州は、今朝、すでに雨の降っている所もあり、昼頃からは広く雨に。北部ほど雨脚が強まり、傘があっても濡れてしまうほど激しく降る所があるでしょう。
中国と四国は、早い所では昼過ぎから雨雲がかかるでしょう。夕方以降は、次第に雨の所が増えそうです。
近畿や東海、北陸は、おおむね晴れるでしょう。
関東や東北、北海道も広く晴れ。ただ、午前中は太平洋沿岸の地域を中心に濃い霧で見通しの悪い所もありそうです。

●最高気温 平年より高い所が多い 北海道も真夏日地点増加 東北は猛暑日に迫る所も

最高気温は平年より高い所がほとんど。
沖縄は30℃を超えるでしょう。
曇りや雨となる九州や中国、四国は、きのうほどは上がらないものの、それでも28℃前後の所が多い予想。湿気が多くなり、蒸し暑く感じられそうです。
近畿や東海、北陸、関東は、きょうも30℃前後の所が多いでしょう。
東北と北海道は、きのうよりも更に高くなる所が多い予想。秋田県や青森県の内陸では35℃に迫る所もあり、札幌をはじめ所々で30℃を超えるでしょう。

きょうも各地で暑さが続きます。熱中症対策が欠かせません。ノドがあまり渇いていなくても、少しずつ水分を摂り、たくさん汗をかいたら適度に塩分も補給しましょう。めまいや立ちくらみがする、頭痛や吐き気を感じるといった、熱中症のサインを見逃さず、少しでも体調が悪くなったら、すぐに涼しい所で体を冷やすことが大切です。室内でも、体調を崩す危険がありますので、適切にエアコンを使うようにしてください。