関東甲信は、あす9日(水)も日差しが強く、気温が広範囲で30度前後まで上がる予想。熱中症対策を。今週末からは、次第に曇りや雨の日が多くなりそう。

●あす9日(水) おおむね晴れ 暑さが続く

関東甲信は、広く晴れて、日差しが強いでしょう。
きょうは大気の状態が不安定で、局地的に雨雲が湧いていますが、あすは、雨は降らない見込みです。
最高気温は、東京都心をはじめ30度前後の所が多いでしょう。あすも熱中症に十分な注意が必要です。ノドの渇きをあまり感じていなくても、こまめな水分補給を。屋外での作業や運動は、時間を決めて休憩をとりましょう。めまいや立ちくらみがする、手足がしびれる、といった症状は、熱中症のサインです。このくらい大丈夫、と無理をせず、すぐに涼しい所に移動し、体を冷やすようにしてください。

●12日(土)以降 次第に曇りや雨に

その先、11日(金)にかけても、高気圧に覆われて大体晴れるでしょう。
12日(土)と13日(日)は、高気圧が離れて湿った空気が流れ込みます。日差しはあっても雲が広がりやすく、ザッと雨の降る所もありそうです。
14日(月)と15日(火)は、前線が近づいてくるでしょう。現時点では曇りまたは晴れマークでも、前線の位置や活動の度合いによっては、雨に変わる可能性があります。
なお、tenki.jpの2週間天気によりますと、16日(水)以降は連日のように曇りや雨に。平年より梅雨入りが遅くなっている関東甲信地方ですが、そろそろ、本格的な雨の季節が近づくでしょう。ムシムシする日が増えてきますので、クローゼットの湿気対策など、備えをしておくと良さそうです。