あす8日(火)は、暑さに加え上空に寒気が流れ込むため、雨雲が急速に発達するおそれ。北日本を中心に、急な雨や雷雨に気をつけて。

●続く暑さ 天気急変の一因に

あす8日(火)は晴れる所が多く、気温はグングン上昇。全国のアメダス地点の約2割で、最高気温30度以上の真夏日が予想されています。最高気温25度以上の夏日は、全国のアメダス地点の約7割に達するでしょう。熱中症とともに気をつけたいのが、急な強い雨です。
地上気温の上昇に加えて、上空には寒気が流れ込みます。上空5500メートル付近でマイナス18度以下の寒気が北海道に、マイナス12度以下の寒気が関東や北陸付近まで流れ込みます。地上と上空の気温差が大きくなるため、局地的に湧いた雨雲が急速に発達するでしょう。

●雨の範囲は狭いが 雷雨や激しく降る所も

午後になると、東北を中心に発雷確率が高くなっています。午後3時~6時の予想降水量では、九州から北海道のあちらこちらに雨雲が点在していることがわかります。雨の降り方の特徴は「局地的に強く降る」ことです。
雨雲が湧きやすい時間は昼頃から。山沿いを中心に、にわか雨や雷雨がありそうです。まるで夏の夕立を思わせるような降り方になるでしょう。カミナリ雲にまで発達して雨脚が強まり、1時間に20ミリ以上の強い雨(土砂降りの雨)や、1時間に30ミリ以上の激しい雨(バケツをひっくり返したような雨)が降る所もありそうです。大気の状態が不安定なため、竜巻などの激しい突風やヒョウが降るおそれもあります。
カミナリの音がゴロゴロと聞こえる、真っ黒な雲が近づいてくるなど、天気急変のサインには要注意。家を出る時に晴れていても、折りたたみの傘があると安心です。tenki.jpの雷レーダーでは、雨雲とともに、落雷があった地点や雷の予報を確認できますので、参考になさって下さい。