10日(木)頃までは晴れて、夏の暑さに。東京都心などでも今年初めて真夏日になりそうです。週末以降は梅雨前線が本州付近に延びて、広く雨が降るでしょう。

●8日(火)~14日(月) 前半ほど晴れて暑い

8日(火)も晴れる所が多いでしょう。ただ、関東から北海道は昼頃から所々でにわか雨や雷雨がありそうです。9日(水)から10日(木)頃にかけては九州から北海道は大体晴れるでしょう。最高気温は平年より高い所が多く、特に、8日(火)は大阪や名古屋、東京で真夏日になりそうです。こまめに水分をとるなど、熱中症対策をしっかりとなさってください。
11日(金)になると、湿った空気が流れ込みやすくなり、九州から東海で雲が多くなるでしょう。九州では雨も降りそうです。12日(土)には梅雨前線が西から延びてくるでしょう。13日(日)から14日(月)は九州から東北にかけて雨の降る所が多く、雨脚の強まることもありそうです。曇りや雨の天気で、暑さはトーンダウンするでしょう。
沖縄はこの先1週間も梅雨空が続きそうです。

●15日(火)~20日(日) 天気周期変化

15日(火)も雲の広がる所が多いですが、16日(水)から17日(木)は九州から関東で晴れ間が広がるでしょう。18日(金)は西から雲が増えて、19日(土)から20日(日)は雨の降る所が多くなりそうです。最高気温は平年並みか高いでしょう。関東から西では蒸し暑い日が多くなりそうです。熱中症や食品の管理にお気をつけください。
沖縄は梅雨の末期で雨の降る日が続きそうです。

●関東甲信の梅雨入り 目先はなし

梅雨入りしている九州から東海も雨の日は続かず、天気は周期的に変わるでしょう。晴れて暑い日もあれば、雨の日は活発な雨雲がかかることもありそうです。暑さと強雨にご注意ください。
関東甲信の平年の梅雨入りは6月7日ごろですが、今年は早くとも12日(土)以降となる見通しです。九州から東海は異例の早い梅雨入りとなりましたが、関東甲信は平年より遅れて梅雨入りとなるでしょう。
北陸や東北も早くとも今週末以降の梅雨入りとなりそうです。