あす7日(月)は、高気圧に覆われて、日中は晴れる所が多くなる。強い日差しで気温がグングンと上がり、30度以上の真夏日の所も。暑さに体がまだ慣れていない時期のため、熱中症にならないよう、注意が必要。

●あす7日(月) 広く晴れて暑くなる 熱中症対策を万全に

きょう6日(日)は、日本海側を中心に強い日差しが降り注ぎ、今年一番の暑さになった所もありました。岩手県久慈市と普代では30.0度と今年初めての真夏日、福井県小浜市では29.9 度まで上がりました。北海道でも25度以上の夏日になった所が多く、北海道札幌市では26.4度まで上がり、今年一番の暑さになりました。
一方、九州から関東にかけての太平洋側では日差しが少なく、最高気温は平年並みか平年より低くなった所もありました。東京都心では23.8度と暑さが和らぎました。
あす7日(月)は高気圧に覆われて、晴れる所が多くなるでしょう。強い日差しとともに、気温は早いペースで上がりそうです。
最高気温は25度以上の夏日の所が多く、九州から近畿では30度以上の真夏日になる所もあるでしょう。福島県福島市でも、30度が予想されています。
また、体が暑さに慣れていない時期です。喉が渇く前に水分をとる、汗をかいたら塩分も忘れずにとる、できるだけ暑さを避ける、室内ではエアコンを適切に使用するなど、万全な熱中症対策が必要です。

●8日(火)以降 日差しが少ない日でも気温は高め

あさって8日(火)から10日(木)も全国的に晴れて、暑さが続くでしょう。東京都心でも、あさって8日(火)は30度に迫るような暑さになりそうです。
11日(金)から来週末にかけては、雲が広がりやすくなりますが、沖縄や九州から関東では25度以上の夏日の日が多いでしょう。湿度も高く、空気がムシムシと感じられそうです。
マスクをしていると、ノドの渇きをいつも以上に感じにくくなります。こまめな水分補給を心がけてください。また、高齢者や小さなお子様は、周りの方が気を配るなど、ご注意ください。