6日日曜は、梅雨前線に近い沖縄や奄美で、雨雲や雷雲が発達。近畿~関東も沿岸部ほど、雨雲がかかりやすくなりそうです。一方、北陸から北は晴れて暑くなりますが、北海道では、天気の急な変化に注意が必要です。

●天気のポイントは?

6日日曜、天気のポイントは、南西諸島から本州の南に停滞する「梅雨前線」です。
この前線に近い沖縄や奄美は、雨が降るでしょう。大気の状態が、非常に不安定で、局地的に雷を伴い、雨が激しく降りそうです。積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風による被害が発生するおそれもありますので、注意が必要です。
また、前線上を進む低気圧は、「元・台風3号」ですが、こちらは四国の南へ進んだ後、衰弱する見込みです。九州は北部を中心に晴れて、中国地方も日差しが降り注ぐでしょう。四国は、朝まで雨の降る所がありますが、天気は回復する見込みです。
一方、近畿や東海は、午前中は雨の降る所があるでしょう。関東甲信も、沿岸部を中心に、夕方まで所々に雨雲がかかりそうです。お出かけの時に雨が降っていなくても、念のために雨具をお持ちください。
北陸から北は広く晴れますが、上空の寒気の影響で、北海道は、天気が変わりやすいでしょう。午後は、あちらこちらで雨が降り、雷が鳴りそうです。落雷や突風、ひょうなど、空模様の急な変化に、十分お気をつけください。

●雷雲が近づくサイン その時どうする?

外にいる時、雷雲が近づいているかどうか、誰にでも簡単にわかる方法があります。雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、落雷が発生する恐れがありますので、すぐに安全な所へ避難してください。
雷雲が近づく時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた落雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。
単独の雷雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。スマホなどで「雨雲レーダー」をチェックするなど、最新の情報を確認しながら、安全な場所で雷雲が過ぎるのを待ちましょう。

●気温のポイントは?

最高気温は、九州から関東では、25℃前後の所が多いでしょう。福岡と広島は4日ぶり、大阪は3日ぶりの夏日(最高気温25℃以上)になりそうです。
そして、気温のポイントは「北陸から北では、季節を先取りした暑さになる」ということです。
北陸や東北、北海道では、最高気温は7月並みの所が多いでしょう。東北は、真夏日の所もありそうです。札幌は、東京よりも、暑くなるでしょう。マスクをしていると、のどの渇きを感じにくくなりますが、こまめな水分補給を心がけてください。