東北地方では夜遅くにかけて大雨となる所があるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。土日は各地で日差しが戻り、暑さが復活しそうです。

●この後も太平洋側中心に激しい雨の恐れ

低気圧や前線の影響で東北地方では広い範囲で雨が降っていて、降り始めからの雨量が100ミリを超えている所があります。
このあと、午後7時~8時頃にかけては活発な雨雲のかかる所があるでしょう。局地的にはバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所もありそうです。雨の降り方に注意・警戒して下さい。
今夜遅くになると雨雲は東の海上へと抜けていき、雨のやむ所が多くなるでしょう。
ただ、雨がやんだ後でも決して油断してはいけません。これまでの雨で地盤が緩んでいる所もあります。少なくとも今夜遅くにかけては、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。

また、雨だけではなく風も強まっています。午後2時までの最大瞬間風速は岩手県大槌町新町で24.1メートル、宮城県石巻で21.9メートルを観測しています。
風のピークは夕方頃までの予想ですが、このあとも外出の際は、しっかりとした傘、もしくはレインコートの方が良さそうです。
なお、海上では波が高くなっています。あすにかけても波の高い状態が続くでしょう。引き続き、高波に注意して下さい。

●土日は日差し戻る 日中は30℃近くまで上がる所も

あす(土)は低気圧や前線が東北地方から離れるため、日中は各地で日差しが戻るでしょう。天気の崩れはなく、洗濯物は安心して外干し出来そうです。日差しを有効に活用して下さい。
あさって(日)も晴れ間はありますが、昼ごろからは青森県や秋田県、福島県でにわか雨の可能性があります。念のため、空模様の変化に注意して下さい。
そして、あす(土)、あさって(日)は暑さが復活する予想です。最高気温は25℃以上の夏日となる所が多いでしょう。東北南部だけではなく、東北北部でも場所によっては30℃近くまで上がる所がありそうです。こまめな水分補給を心掛けるなど、熱中症対策はしっかりと行って下さい。
また、昼間は紫外線が強まります。熱中症対策だけではなく、紫外線対策も忘れずに行いましょう。