3日(木)から4日(金)にかけて、広く雨が降り、風も強まるでしょう。大雨や大荒れの恐れがあります。この雨のあと、季節先取りの暑さになりそうです。

●3日(木) 各地の雨の降り始めは? 九州北部では非常に激しい雨も

3日(木)は前線を伴った低気圧が、朝鮮半島付近を進む見込みです。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。
九州は、朝から広く雨が降る見込みです。昼頃から発達した雨雲がかかり、九州北部では、雷を伴って、非常に激しい雨が降る所があるでしょう。水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、車の運転などは危険な場合もあります。四国は、昼頃から雨が降り出し、夜は雷が鳴り、激しい雨が降る所がある見込みです。中国地方は昼頃から、近畿や東海、北陸は夕方以降、雨や雷雨でしょう。関東は、夜遅くに雨が降り出す所がある見込みです。東北や北海道も、夜、雨雲がかかる所があるでしょう。

●4日(金) 全国的に雨 発達した雨雲が数時間かかり続ける所も

4日(金)は、低気圧が、日本海を北東へ進む見込みです。暖かく湿った空気の流れ込みが続き、広く大気の状態が不安定になるでしょう。全国的に雨が降り、局地的に雷を伴って、雨脚が強まる見込みです。九州南部、近畿や東海付近、北海道の太平洋側では、発達した雨雲が数時間かかり続ける可能性もあります。大雨の恐れがあり、土砂災害や浸水などの危険度が急速に高まることが考えられます。広く南風が強まり、大荒れになる恐れもあります。
なお、関東甲信の梅雨入りは、4日(金)の雨が一つのタイミングといえそうです。

●5日(土)~6日(日) 台風から変わる熱帯低気圧 前線の活動を活発に

5日(土)から6日(日)は、前線は本州の南から南西諸島に停滞する見込みです。
フィリピンを北上中の台風3号は、今後、熱帯低気圧に変わる見込みです。熱帯低気圧周辺の暖かく湿った空気が、前線に流れ込み、前線の活動が活発になるでしょう。沖縄や奄美に発達した雨雲がかかる可能性があります。
一方、九州から北海道は、晴れ間が出る所が多いでしょう。

●7日(月)~9日(水) 日の差す所多く気温30℃くらいも 熱中症に注意

7日(月)から9日(水)にかけても、前線は本州の南に停滞するでしょう。一時的に雨雲がかかることがありますが、日の差す所が多い見込みです。暑くなりそうです。最高気温は、九州から関東で30℃くらいまで上がる所があるでしょう。まだ、体が暑さに慣れていない時期です。こまめな水分補給を心がけ、屋外で人との距離が2メートル以上とれる時は、マスクを外すなど、熱中症対策をとって下さい。

●10日(木)以降

10日(木)から12日(土)頃にかけて、前線が本州付近まで北上する見込みです。広く曇りや雨でしょう。13日(日)から15日(火)にかけては晴れ間が出る所が多い見込みです。極端な暑さは収まりそうです。