5日(水)こどもの日は、広く雨。次第に南西諸島付近に前線が停滞するようになり、沖縄や奄美が梅雨入りする可能性があります。ただ、来週中頃は前線は本州付近まで北上する見込みです。

●4日(火)みどりの日 九州は天気下り坂

4日(火)みどりの日は、本州付近は高気圧に覆われるでしょう。次第に大陸から東シナ海に前線が延びる見込みです。広く日差しが降り注ぐでしょう。ただ、九州では、夜は雲が広がり、雨が降る所がある見込みです。

●5日(水)こどもの日 広く雨や雷雨 竜巻などの突風が発生することも

5日(水)こどもの日は、前線が日本列島を通過する見込みです。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になるでしょう。前線の通過に伴って、広く雨が降る見込みです。長く降り続く雨ではありませんが、雷が鳴ったり、雨脚が強まったりすることがあるでしょう。特に、九州の東シナ海側では、明け方にかけて発達した雨雲がかかり、短い時間で雨量が多くなることが考えられます。
雷雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生したり、雹(ひょう)が降ったりすることがあります。雷鳴が聞こえる、雷光が見えるなど、発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、家では、大きな窓の周辺で過ごすのは、危険な場合があります。1階の窓のない部屋に移動するなど、安全な場所にいて下さい。

●6日(木)~7日(金) 本州付近に前線停滞 すっきりしない空模様

6日(木)は、前線が本州の南に停滞する見込みです。北海道や東北は大体晴れますが、関東から九州では、雲が広がりやすいでしょう。関東周辺では、雨が降ることもありそうです。
7日(金)は、前線が本州付近まで北上する見込みです。曇りや雨の所が多く、雨は本降りになることもあるでしょう。
6日(木)から7日(金)にかけて本州付近に停滞する前線は、南西諸島にもかかる見込みです。沖縄や奄美も、曇りや雨でしょう。

●8日(土)~10日(月) 南西諸島付近に前線停滞

8日(土)は、前線は次第に南下し、10日(月)にかけて、南西諸島付近に停滞する見込みです。沖縄や奄美は曇りや雨の日が続くでしょう。北海道や東北付近も、気圧の谷の影響で、雲に覆われて、雨が降る所がある見込みです。10日(月)は、関東から九州を中心に日が差すでしょう。

●沖縄や奄美 梅雨入りの可能性も

平年の梅雨入りは、沖縄は5月10日ごろ、奄美は5月12日ごろです。今年は、5月5日の雨が、ひとつのタイミングといえそうです。ただ、来週は、前線は北上する見込みです。梅雨入りしたとしても、梅雨らしくない天気になるかもしれません。