3日(月)は、東北の日本海側や北陸で、雷雨になる所があるでしょう。5日(水)は広く雨が降る見込みです。九州から近畿では風が強まり、荒れた天気になる恐れがあります。

●雷雲の下では竜巻などの突風にも注意が必要 大気の状態が不安定とは?

1日(土)は、上空に寒気を伴った低気圧が、前線を伴って対馬海峡付近から日本海に進み、南から暖かく湿った空気が流れ込みました。このため、大気の状態が不安定になり、四国や近畿南部、東海、関東付近で、雷雲が発生しました。また、静岡地方気象台は、夜、静岡県中部で竜巻などの激しい突風が発生したとみられる、と発表しました。
さて、上空に冷たい空気、地上に暖かい空気があり、その気温差が大きいとき、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ移動しようとします。この空気の流れが起きやすい状態を、大気の状態が不安定といい、積乱雲が発達しやすい状態です。竜巻は、発達した積乱雲に伴う強い上昇気流(風が上に向かっていく空気の流れ)によって発生する激しい渦を巻く風です。

●あす3日(月)にかけて寒気流入 大気の状態が不安定 局地的に雷雲発生

2日(日)は、本州付近の上空に、この時期としては強い寒気が流れ込んでいます。1日(土)とは原因が違いますが、地上と上空の気温差が大きくなっています。九州から東北では、広く大気の状態が不安定になっており、あちらこちらで雲が発達しています。晴れている地域でも、急に雷が鳴り、雨が降ることがあるでしょう。

3日(月)憲法記念日も、日差しが届く所が多いですが、北日本付近の上空に寒気が流れ込む見込みです。北陸付近を中心に大気の状態が不安定でしょう。北海道は日本海側を中心に雨や雪が降る見込みです。東北の日本海側や北陸では新潟で、所々で雨や雷雨でしょう。関東も一部で、にわか雨があるかもしれません。
雷雲の下では、竜巻などの激しい突風に注意が必要です。雹(ひょう)が降ることもあります。空が暗くなったり、雷の音が聞こえたり、急に冷たい風が吹いたりしたときは、発達した積乱雲が近づく兆しです。このような場合は、建物の中など、安全な場所に移動してください。

●4日(火) 広く晴れ

4日(火)みどりの日は、上空の寒気は日本の東へ抜けるでしょう。本州付近は日本の南に中心を持つ高気圧に覆われて、晴れる所が多い見込みです。洗濯などによい日和でしょう。

●5日(水) 前線通過で大気の状態が不安定 広く雨 荒天の恐れ

連休最終日の5日(水)こどもの日は、前線が本州付近を通過するでしょう。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になる見込みです。広く雨が降り、雷を伴って雨脚が強まることがあるでしょう。九州から近畿では、南のち西よりの風が強まり、荒れた天気になる恐れがあります。