きょう30日(金)は、関東から西では日差しが戻り、気温上昇。晴れていても、にわか雨や雷雨にご注意を。低気圧が進む北海道は雨や雪が降り、風も強く吹きそうです。

●雨の降り方 どう違う?

きょう30日(金)は、低気圧が発達しながら北海道付近を進む予想です。北海道は、午前中は東部を中心に雨が降り、局地的に激しい雨。風も強く荒れた天気になるでしょう。午後は北部を中心に雨が降り、山沿いなど雪に変わる所もありそうです。積雪状態になる所もあるため、路面の変化に注意して下さい。東北も風が強く、海上では暴風に警戒が必要です。
一方、日本海を進む低気圧は、上空に寒気を伴っています。雨の降り方は局地的で、短時間。九州から関東は晴れていても、にわか雨や雷雨になる所がありそうです。北陸は夕方から夜にかけては、広く雨が降るでしょう。カミナリの音が聞こえたり、空が暗くなってきたら天気の急変のサインです。

●気温 前日差 大きい

最高気温はきのう29日(木)昭和の日との差が大きく、南北で傾向が変わります。
沖縄や九州から関東、北陸は、日中は気温がグンと上がるでしょう。きのうより10度ほど高い所もあり、大阪、東京の最高気温は25度以上の夏日の予想。少し動くと汗ばむくらいに感じられそうです。
東北はきのうと同じくらいか低いでしょう。日差しがある仙台は20度くらいまで上がりますが、ヒンヤリした風が吹きますので、昼間も上着があったほうが良さそうです。
北海道はきのうより大幅ダウンです。朝からほとんど気温が上がらず、冷たい空気に包まれたままでしょう。札幌の最高気温7度は、3月下旬並みです。暖かくしてお過ごし下さい。