きょう29日は、各地で雨のゴールデンウィーク入り。あす30日も、北海道から九州の広範囲で雨。北海道は雪になる所があり、北陸から九州は、昼頃から急な雨または雷雨になる所がある。5月に入っても、短い周期で雨の日がある予想。来週末を境に多くの所で、数日続きの五月晴れだが、沖縄と奄美は梅雨が近づく。

●前半 4月30日(金)~5月6日(木) 若葉寒も

北海道と東北の日本海側、それに北陸では、低気圧と前線やこの時期としては冷たい空気の影響で、曇りや雨の日が多いでしょう。
朝の気温は、この時期としては高めの日がありますが、この週末を中心に平年より低く、霜が降りるほどの日や雪が降ることがあるでしょう。
山行を計画されている方は、冬装備が必須です。
東北の太平洋側と関東から近畿や九州にかけては、晴れても天気は不安定です。
最高気温と最低気温は、この時期本来の気温の日や上回る日がありますが、2日から4日ごろを中心に、この時期としては冷たい空気が流れ込む影響で肌寒さを感じる日があるでしょう。
紫外線が強くなっていますので、晴れた日の日差しに、ご注意ください。
日ごとの気温の変化にも、注意をなさってください。
沖縄と奄美では、4日ごろまでは晴れる日が続きそうですが、5日ごろからは曇りや雨になりそうです。そろそろ雨の季節が近づくでしょう。最高気温と最低気温は、平年並みか低めの日が多くなる予想です。

●後半 5月7日(金)~12日(水) 五月晴れ多く

沖縄や奄美では、晴れる日もありますが、雨または曇り空の日が多いでしょう。
九州から東北は、次の週末8日ごろから10日ごろにかけて曇りや雨になりますが、そのほかの日は五月晴れになる見込みです。
北陸や東北の日本海側と北海道では、雨が降る日もありますが、晴れる日が多くなるでしょう。
後半の気温は、時々この時期の気温を下回る日があります。暑いくらいの日のあとに肌寒い日があるなど、日ごとの寒暖の差がありますので、服装の組み合わせや体調の管理などに、お気をつけください。