あす(29日)ゴールデンウィークスタートは広い範囲で雨で、東海など太平洋側では警報級の大雨の恐れ。九州など西日本では、雨のあとは黄砂に注意が必要です。

●太平洋側 1時間に50ミリ以上

ゴールデンウィーク初日の29日(木:昭和の日)~30日(金)は、前線や低気圧の影響で九州~東北にかけて広く雨となるでしょう。東海など太平洋側を中心に、1時間に50ミリ以上の滝のような雨が降り、警報級の大雨の恐れがあります。すでにきょう28日(水)は西日本で雨が降っていて、雨の範囲があす29日(木)にかけて次第に東へ広がる見込みです。雨のピークは、九州では29日午前中、中国・四国は29日昼過ぎ、近畿は29日の日中いっぱい、東海は29日昼過ぎ~夜、関東は29日夕方~30日未明、東北は29日夕方~30日明け方、各地で風も強まるでしょう。29日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で東海地方200ミリ、関東甲信地方150ミリ、東北地方60ミリ。その後も雨は続き、30日18時までの24時間に予想される雨量は、東海地方と東北地方で100ミリ~150ミリ、関東甲信地方で50ミリ~100ミリとなっています。一日で100ミリ以上の雨が降ると、土砂災害の危険が高まるため、警戒が必要です。

●雨の後は黄砂に注意

九州の雨は、あす29日昼頃までに止む見込みです。ただ、雨が止んだあとは黄砂に注意が必要です。大陸のモンゴル付近では砂嵐が発生していて、これが西風に乗って30日にかけて九州へ飛来する予想です。やや濃い黄砂になる可能性もありますので、最新の情報にご注意下さい。