東海地方は、あす(29日:昭和の日)から30日にかけて、局地的に滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。静岡などでは総雨量300ミリの予想。警報級の大雨に警戒が必要です。

●警報級の大雨に警戒

東海地方は、きょう28日(水)は雨が降ったりやんだりですが、油断しないでください。あす(29日:昭和の日)~あさって30日(金)にかけて、前線を伴った低気圧の影響で局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る予想です。雨のピークは、あす29(木)夕方~あさって30(金)未明にかけて。予想雨量は、29日12時~30日12時の24時間に多い所で、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県で120ミリ。その後も雨は降り続き、29日12時~30日12時までの24時間に予想される雨量は多い所で、静岡県100ミリ~200ミリ、愛知県・岐阜県・三重県100ミリ~150ミリとなっています。
1日で100ミリ以上の雨が降ると、土砂災害の危険が高まります。
東海地方では、30日かけて警報級の大雨の恐れがあるため、今後の情報をこまめに確認して下さい。