あす29日(昭和の日)は広く雨。太平洋側を中心に所々で激しく降りそう。その先も、スッキリと晴れる日はほとんどなく、短い周期で雨が降る見込み。

●29日(木:昭和の日)~5月5日(水:こどもの日)

あす29日から30日にかけて、前線や低気圧の雨雲が西日本から東日本、北日本へと移っていきます。
雨のピークは、沖縄や九州、中国、四国は29日の午前、近畿は29日の日中、北陸と東海は29日の昼頃から日付の替わる頃。太平洋側を中心に、所々で道路が冠水するほどの激しい雨が降るでしょう。また、関東甲信と東北(主に太平洋側)も、29日夜から30日の明け方まで雨や風が強まり、30日の日中は北海道の東部にも活発な雨雲がかかりそうです。
5月1日と2日は日差しが戻りますが、上空の寒気や気圧の谷の影響で大気の状態が不安定。急に降ってくる強い雨や雷雨にお気を付けください。
5日には、再び前線に伴う雨雲が広がってくるでしょう。
気温は上がったり下がったりで、雨の降り方に加えて日ごとの寒暖差にも注意が必要です。また、新型コロナウイルス対策も欠かせません。可能な限り周りの人との距離を保ち、こまめな手洗い・うがいを心がけてください。

●6日(木)~11日(火)

この期間も、雨具の出番が多くなりそうです。
6日の後半から7日にかけては、広い範囲で晴れる見込みです。
それもつかの間、8日の後半から9日前半は、ほぼ全国で雨が降るでしょう。
本州では、10日と11日も曇りや雨の所が多い見込みです。
気温の変動の大きい状況も続くでしょう。特に関東から九州では、汗ばむほどの日とヒンヤリする日が交互にやってきそうです。体調を崩さないよう、服装選びは慎重になさってください。