きょう28日(水)は、西から前線が延び、雨の範囲が次第に広がる。九州や四国、紀伊半島は大気の状態が不安定。雷雨になる所も。

●雨雲がゆっくり広がる 今朝晴れている地域でも念のため傘を

きょう28日(水)は、高気圧が次第に東へ離れ、西から前線が延びてきます。
【各地の天気(西から)】
沖縄は雲の間から日が差しますが、昼頃には雨の降る所もあるでしょう。
九州と中国、四国、近畿、北陸は、一日雲が多く、雨が降ったりやんだり。
四国や紀伊半島では、昼頃から太平洋沿岸の地域を中心に雷を伴いザッと強く降る所があるでしょう。夜は九州も所々で雷雨になり、長崎県や佐賀県では、局地的に道路が川のようになるほど激しく降りそうです。
東海は、今朝はまだ雨の所は少ないものの、昼頃から雨雲が広がってくるでしょう。なお、あすからあさってにかけては大雨となるおそれがあります。
関東は、山沿いの早い所では午前中から弱い雨。平地は晴れ間がありますが、夕方以降は所々で雨が降るでしょう。
東北は、日本海側では昼過ぎから所々で雨で、夜は広い範囲で傘が必要になりそうです。日差しのある太平洋側も、夕方以降は雨雲のかかる所があるでしょう。
北海道は、日中はおおむね晴れ。夜は、太平洋側から雨が降り出すでしょう。

●各地の最高気温

最高気温は、沖縄は25度前後と、きのうと同じくらいの予想です。
九州から東海、北陸にかけては20度前後の所がほとんど。きのうほどは上がらない所が多く、雨の影響で少しヒンヤリと感じられそうです。
一方、関東はきのうより上昇。23度前後の予想で、昼間はシャツ1枚で良さそうです。
東北と北海道もきのうより高い所が多く、この時期としても高め。18度くらいまで上がる所が多いでしょう。
なお、夜の気温は、全国的に今朝と同じか高めで、冷え込みは弱い見込みです。