四国から関東、東北は6日(火)から晴れて、まだ花粉が「非常に多く」飛散する所が多いでしょう。ただ、ヒノキ花粉のピーク終了時期ももう少しです。

●まだ「非常に多い」飛散

九州では花粉シーズンは終わりつつあり、この先の飛散は「少ない」でしょう。
一方、四国から関東はスギ花粉のピークは越えていますが、ヒノキ花粉のピークが続きます。きょう4日(日)は雨で飛散が抑えられますが、5日(月)は天気が回復に向かい、「多く」飛ぶ所が多いでしょう。6日(火)から10日(土)にかけては晴れて、「非常に多く」飛ぶ所が多い予想です。
東北もスギ花粉のピークは越えつつありますが、「非常に多い」日が多いでしょう。まだ油断せずに花粉症対策をなさってください。

●ヒノキ花粉のピークいつまで?

四国から近畿のヒノキ花粉のピークは4月上旬までの予想です。
一方、東海や関東は4月中旬にかけてヒノキ花粉のピークが続くでしょう。北陸や東北はヒノキ花粉のはっきりとしたピークはないものの、4月中は飛散しますので、ご注意ください。

●5月上旬まで飛散することが多い

例年ですと、東京では5月上旬まで花粉の飛散が確認されています。ピークは越えても、もうしばらくは花粉が少なくなりながらも飛散しますので、引き続き花粉症対策をしておくと安心です。