この先2週間の天気傾向です。4日(日)の雨を境に空気が入れ替わり、初夏のような陽気は収まるでしょう。ヒンヤリする日もありそうです。

●1週目(4月4日~10日)

4日(日)は前線が本州付近を通過するでしょう。九州から東北にかけて雨や雷雨になり、四国では激しい雨の降る所がありそうです。北海道も朝晩を中心に雨や雪が降るでしょう。
この雨を境に空気が入れ替わります。5日(月)から10日(土)頃にかけては晴れる所が多いですが、これまでのような季節外れの陽気にはならないでしょう。最高気温は平年並みか低い日もありそうです。九州から関東でも20℃に届かない日が多く、9日(金)は薄着ではヒンヤリする所が多いでしょう。北海道では8日(木)と9日(金)は寒気が入り、雪や雨が降りそうです。内陸部では雪の積もる所もあるでしょう。冬用タイヤの交換はまだ待った方が良さそうです。沖縄も最高気温は23℃くらいで夏日にはならないでしょう。

●2週目(11日~16日)

低気圧が度々日本付近を進み、天気は短い周期で変わりそうです。11日(日)は西から天気が下り坂で九州から近畿で雨が降りだすでしょう。12日(月)は東北にかけて広く雨が降りそうです。13日(火)は天気は西から回復しますが、晴天は長続きせず、15日(木)は広く雨が降るでしょう。
最高気温は平年並みか低い日が多くなりそうです。これまでのような初夏の陽気はないでしょう。九州から関東でも20℃に届かない日もありそうです。15日(木)から16日(金)は16℃ほどと日中も上着が必要になりそうです。東北や北海道は日中も厚手の上着が必要な日があるでしょう。
今年は3月から一気に春本番の暖かさとなり、季節が加速しましたが、4月はいったん季節が足踏み。ヒンヤリする日もありそうです。体調を崩さないよう服装で上手に調節してください。