関東の天気は下り坂。あす4日(日)は、早い所では昼過ぎから雨で、雨の範囲がゆっくり広がる。5日(月)にかけて南部を中心に本降りに。沿岸部では風も強めに吹く見込み。

●4日(日)から5日(月) 前線に伴う雨雲が通過

あす4日(日)から5日(月)にかけて、前線が関東付近を通過するでしょう。
4日は、北部の早い所では昼頃から雨が降る見込みです。広い範囲で雨となるのは夕方以降で、南部を中心に次第に本降りとなるでしょう。沿岸部では風も強めに吹きそうです。
5日(月)は、明け方まではほぼ全域で雨。北部では、まとまった雨雲は朝には離れていきますが、日中もにわか雨の可能性があります。南部では昼過ぎにかけても断続的に雨で、ザッと強く降る所もあるでしょう。風のやや強い状態も続きそうです。夕方以降は次第に晴れるでしょう。
なお、気温は、4日は南部ほど高く、日中は20度前後の予想。
5日は、南部でも20度に届かない所が多くなるでしょう。さらに、各地とも、午後は風の向きが南よりから北よりに変わって、夕方から気温がグッと下がってきそうです。

●その先 晴れても気温はあまり上がらず

6日(火)以降は、おおむね晴れるでしょう。ただ、気温は、平年並みか、低くなることもありそうです。
これまでのように半袖の出番はなく、昼間も羽織るものがないとヒンヤリと感じられるでしょう。
朝晩は広く10度を下回る日が多く、北部では霜が降りるほど冷える所もありそうです。体調を崩さないよう、お気を付けください。