1日、日本気象協会は「2021年桜開花予想(第8回)」を発表しました。桜前線は、4月も非常に速いスピードで北上し、中旬には東北北部へ進み、下旬までには津軽海峡を渡る予想です。24日には札幌で開花するでしょう。一方、満開を迎えた桜は、今週末に花吹雪となる所もありそうです。

●開花と満開の傾向

27日に福井、28日に富山、29日に金沢、31日には新潟で満開を迎えました。北陸4地点は開花の最早記録を更新しましたが、満開も4地点そろって統計開始以来最早を更新しています。また、31日には仙台でも満開となり、最早記録を更新しました。仙台、新潟ともに、開花から満開までの日数の平年値は5日間ですが、仙台は3日、新潟は2日で満開を迎えることになりました。なお、福島や彦根でも満開の最早記録を更新しており、今年は多くの地点で記録を塗り替えています。
引き続き、桜前線は非常に速いスピードで北上しており、まもなく長野県の標高の高い地点で開花し、中旬には秋田、盛岡、青森など東北北部の多くの地点で開花するでしょう。
今週は、前半は全国的に高気圧に覆われて晴れるところが多かったものの、週後半から週末にかけては気圧の谷や前線の影響で雲が広がりやすくなるでしょう。3月2週目から4週連続で週末に雨が降るところが多くなる見込みです。3月最後の週末の悪天候で持ちこたえた地点の満開の桜も、今週末は花吹雪が舞うでしょう。

※ 桜の開花・満開の統計開始は1953年
※ 気温の統計開始は1946/47年
※ 休眠打破:前年の夏に形成され休眠に入った花芽が、冬になり一定期間の低温にさらされて目覚めること
※ 気温が高い場合、元々温暖な地域は現在より開花が遅れ、元々寒冷な地域は現在より開花が早まる傾向があります

●言葉の説明

平年:1981~2010年の平均値
かなり早い :平年より7日以上早い
早い :平年より3日から6日早い
平年並 :平年との差が2日以内
遅い :平年より3日から6日遅い
かなり遅い :平年より7日以上遅い