この先一週間も、低気圧と高気圧が交互に。天気は目まぐるしく変化。気温の変動も大。

●あす3日(水) 日差し戻る 空気はヒンヤリ

あすは、低気圧や前線が東へ離れ、一時的に冬型の気圧配置に。
北海道や本州の日本海側は、午前中は雲が多く、所々で雪が降るでしょう。午後は全国的に晴れる見込みです。
朝の気温は今朝より低くなり、日中もあまり上がってきません。
最高気温は、北海道は広く氷点下で、東北北部は3度前後、東北南部や北陸は6度前後、関東から西は12度前後の所が多い見込み。冷たい北よりの風が吹いて、体感温度はさらに低くなるでしょう。日差しはたっぷりでも、暖かい服装を心がけてください。

●晴れは続かず 広く雨が降るのは6日(土)頃

4日は、日中は高気圧に覆われて広く晴れ。夜には高気圧が東へ離れ、九州や四国で雨に。
5日から6日にかけて、低気圧や前線が日本付近を通過し、雨の範囲が西から次第に拡大。ザッと強く降る所もありそうです。北海道は雪が降るでしょう。
7日は高気圧に覆われ晴れ間が広がるものの、8日から9日には次の気圧の谷が近づき、曇りや雨または雪の所が増えてきそうです。
天気の変化と共に、気温も変動。特に寒暖差が大きくなるタイミングは、北海道は5日から6日、そのほかの地域は6日から7日頃となりそうです。春本番を思わせる暖かい空気から、急に冷たい空気に入れ替わります。体調を崩さないよう、十分にお気を付けください。