18日夜は北海道や本州の日本海側で雪が降り、山沿いを中心に雪の量がさらに増えるでしょう。明日19日は、天気が回復に向かい、日中は広い範囲で晴れて、きょうとは一転して暖かくなりそうです。

●明日19日は天気が回復 日本海側も太陽が顔を出す

今夜も日本付近は強い冬型の気圧配置が続き、強い寒気が流れ込むでしょう。北海道から本州の日本海側では雪は降り、山沿いを中心にさらに積雪が増える恐れがあります。
18日18時から19日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
関東北部の山地   30センチ
東海地方      20センチ
近畿地方、中国地方 15センチ
四国地方       8センチ
を予想しています。
ただ、この量はほとんどの所で今夜までに降り、西から雪が止む見込みです。
明日19日は、高気圧が西から本州付近に張り出し、天気は西から回復に向かいそうです。九州から関東にかけては朝から晴れるでしょう。北陸は朝まで雪の残る所はありますが、昼頃からは日差しが出てきそうです。東北や北海道は、日本海側を中心に朝晩は雪の降る所がありますが、日中は太平洋側で日の差す所があるでしょう。

●日中は暖かい 雪融けに注意

今日18日は、東日本や西日本では、昼間も真冬の寒さで最高気温が一桁の所が多くなりました。
明日19日の気温のポイントは「朝は寒いが昼間は暖かい」ことです。
明日の朝はアメダスの観測地点の約7割で、最低気温が0度未満の冬日を予想しています。今日雪の降った所や雪の積もっている所では路面の凍結に注意が必要です。交差点やトンネルの出入り口などでは路面が凍りやすくなっています。急ブレーキや急なハンドル操作など「急」の付く運転はひかえるようにしましょう。北海道や東北、北陸など冷え込みが強い所では水道の凍結にも注意してください。
朝から広く晴れて、昼間は気温がグンと上がりそうです。九州から関東にかけては、最高気温が10度以上の所が多く、3月並みの所もあるでしょう。北陸や東北、北海道も、今日より高い所が多い予想です。雪が多く残っている所では気温が上がると注意が必要なのは、雪融けによるナダレや屋根からの落雪です。また、天気が回復して、雪下ろしを行うことがあると思います。安全のためにも、必ず命綱とヘルメットを装着し、滑りにくい靴を着用しましょう。携帯電話も忘れずに持って、作業してください。
一日の気温の変化が大きくなりますので、脱ぎ着しやすい服装を選ぶとよさそうです。